はじめましての方に

数あるリノベーション会社の中から見つけていただきありがとうございます

~マスターアートってどんな会社?が分かる厳選ブログアーカイブ~

アフターサービス / 養生 / 現場のモラル / サビサビ~ / 便利グッズ

品質と価格 / 経営理念
00:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

収納セミナーと完成見学会

このたびの九州北部での豪雨災害により、大きな被害を受けられた皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。

こちらは夏本番の暑さが続いています。
皆さまも熱中症には気をつけてくださいね。

           

マスターアートでは、2週連続でイベントが行なわれました。

8日(土)はすっかり恒例となったヒバリ舎さんによる収納セミナーでした。
8479C799-18DD-4EA4-B6C6-14AB15D005B0.jpg

今回も皆さま和気あいあいと、でも真剣にお話を聞いてらっしゃいました。
ワークショップ形式でひとりずつ答えを考えてみたり…
E7EC04A3-CA08-41DE-8B20-2F7F30757E3A.jpg

まだ小さなお子さんのいるご家庭、ご両親亡きあとの物を引き継いだご家庭
どのような世代の方にも等しくふりかかる「モノ」との付き合い方…

私も毎回発見があります。
今回あらためて感じたことは、「家にゴールはない」ということ。

家を買ったり造った時、ついそこをゴールのように思って、ライフスタイルの変化が
あったにも関わらず家に自分を合わせて不便さを感じてしまう。

でも子供が乳幼児と小学生では違うし、中高生でもまた違う。
自分自身も足腰に変化がでてきたり、視力が変わってきたり。
それに合わせて住まいは変化させていく必要があるんですよね。

その時その時で臨機応変に変えやすい住まいをご提案したいな…と思います。

内山先生、今回もたくさんの気づきをありがとうございました!

           

そしてそして、その前週はK様邸の完成見学会でした。

お引越し前の忙しいスケジュールの中、ご好意により見学会を開催させて
頂けたこと本当に感謝申し上げます。

奥様ご自身がリフォーム会社を選ぶときに、ホームページの事例であったり
内覧会であったりが本当に参考になるものなのよ、とおっしゃって頂きました。

そのお言葉通り、同じマンション内のみの限定見学会でしたが実に多くの
お客様がお越し下さいました!
IMG_4639.jpg

IMG_4641.jpg


K様邸は西武線の駅から徒歩3分ほど、築浅と言っても通るほどきれいな
築17年のマンションで管理もとてもしっかりされています。
私たちも工事中は管理人さま、管理会社さまとコミュニケーションをこまめに
取りながら工事を進めてきました。

リノベーションのBefore&Afterは…
長くなってしまいそうですので、次回のブログにて!!


Naomi.A
11:01 | マンションリノベーション | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

築1年の戸建住宅にちょい足しリフォーム

夏至も過ぎましたね。
カラ梅雨かと思いきや、降るときゃ台風のような風雨・・・
道端の紫陽花もビックリ顔です。

弊社は路面店ですので、たまに飛び込みのお客様がご来店されます。
W様もある日お出かけついでといった風情で立ち寄ってくださったお客様です。
ご相談は、お住まいの一戸建てのおうちに、キッチンの収納をつけたいというもの。
新築建売住宅にご入居されて、ちょうど1年、まだ小さい息子さんの子育てをしながらお仕事もされながら、
「あー、ここはこうしたいのに!」がなかなか叶えられなかったのです。

理想の形をヒアリングして、後日現場調査に伺いました。
吊り戸棚とカウンター、引き出しのあるフロアキャビネットがご希望とのこと。
なるほど、現況は置き家具を駆使してどうにか家電と食器とゴミ箱とミネラルウォーターサーバーなどを収めていらっしゃいました。
w 010
w 009
空間が活きないのがW様の悩みのタネ。
キッチン本体はクリナップ製品で、築浅のため、幸い同じ扉材がまだ存続していたので、新たに設置する収納もお揃いにできそうです。
ただ、心配なのは固定する壁下地の状況です。
建築した業者さんが気を利かせて合板なんか貼ってないよな・・・となると、
通常、間柱に石膏ボードが貼ってある下地・・・。
今回は大工さんは入れず、キッチンメーカーの施工業者さんが取り付ける予定なので、
間柱の場所を見つけて、がっちり取り付けてもらわねばなりません。
現場を下見してから、W様、メーカーサイドと数度の打合せを経て発注、施工日が確定しました。

施工当日、メーカーの施工屋さんは必須アイテム「下地探し」(押しつけると跡が残らないほど細い針がビシッと飛び出す工具)を天井や壁に刺して木の入っている場所を確認します。
IMG_4582.jpg
なんとか、具合のいい位置に下地が入っていることがわかりました。
背面にあたる部分の巾木はカットして取った方が収まりがよさそう、と打合せをしていざ設置工事開始!

After↓
IMG_4594.jpg
IMG_4593.jpg
カウンターを延長してその下にゴミ箱を置きたかったW様のご要望が叶い、
さらに炊飯器も延長部分に置くことで蒸気が解放され、棚をスライドする手間もなくなり、L型キッチンのコーナーにあったトースターが電子レンジと二階建てに収まりました。
カウンターの延長のみ特注で、あとは既製のユニットの組合せです。
吊り戸棚は炊飯器の開閉に影響はなく、
ゴミ箱のフタを全開してもカウンターに当たりませんでした
(もちろん現場調査時にそれぞれのフタを開けたときの寸法も測っておきましたヨ

W様はこうした半日程度のリフォームでも、色々な人とモノが関わって、想像していたより大変なんですね、とおっしゃっていました。
そしてご入居当時のたいへんだったことなども改めて思い出されたそうです。
まだ生まれてまもない赤ちゃんを抱えてのお引越しだったんですものね・・・
1年間生活してみて感じた不自由なこと、それがやっと改善した満足感を味わっておられました。

スケルトンリフォームであるリノベーションもさることながら、こうしたプチ不満解消リフォームでお客様に喜んでいただけることは、私たちにとって無上の喜びです。
W様、ご来店いただいた今回のご縁に感謝いたします。
ありがとうございました




Yuka.I





たいせつなおしらせ
弊社ホームページでもご案内しておりました、ヒバリ舎さんによるキッチン収納セミナーは、
お申込みが定員に達しましたので応募を締め切らせていただきます。
この場を借りまして御礼とご報告申し上げます。


17:38 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

リフォームを計画ごと家族で楽しむ!

いよいよ本格的な雨のシーズン到来ですね

からりとした晴れの多かった5月末に施工したY様邸のご紹介です。

きっかけはトイレの便器交換。
数年前に築浅のマンションを購入された時、交換したいな…と思いつつ
まだ新しかったのでそのままだったトイレ。
機が熟し、ご家族でTOTOショールームに行かれました。


そして選ばれたのが、TOTOが最新技術の粋を集めて開発したコチラ
pht_mv_toilet_01_201706141352566f5.jpg

今回はせっかく満を持してのリフォームでしたから、設備はもちろんのこと
内装もこだわって「トイレ空間をホテルのようなくつろげる空間にしたい!」
というご要望でした。

合わせて洗面脱衣室の内装も変えること、
ちょっぴり不便さを感じていた洗面の物干しや収納についても
ご相談いただきました

おまかせください!と腕まくりです(笑)
プチ改善で生活がぐっと快適になる、そんなことを考えるのが大好きです。
いろいろと考えさせていただきました!



BEFORE
119_20170614161136cdb.jpg



AFTER
021_201706141610275d9.jpg

以前は便器のタンク上で手を洗う形でしたが、手前にコンパクトな手洗いを設置。
それにより便器がタンクレスとなったので空間もすっきり。

別の場所に手洗いを設けるには大掛かりな配管工事が必要なのですが
こちらは元の給水、排水配管を利用しているので大丈夫なんです。
カウンターの下に白い四角い管が走っているのが見えますか?
この中をお水が通っているんですね。


自動でフタが開く機能がついているので、ドアをあけると
「いらっしゃいませ~」とウェルカムな雰囲気に。
017_201706141610250d4.jpg



もうひとつのウェルカム機能がこちら。
人感センサー
トイレの照明(ダウンライト)を人感センサー付きに交換しました。
ドアを開けるだけで照明が付き、トイレから人が居なくなれば
1分で自動で消えます。



そして向って右一面に張られているのはLIXILのエコカラットプラス
約300㎜角のタイルですが、表面にナノサイズ(一㎜の百万分の一)の
孔がたくさん開いていて、室内の湿気や臭いを吸収する効果があります。

湿気が少ないときには放出するので、珪藻土のように調湿機能があります。
ちなみに吸い込まれたニオイはといえば、ドアの開閉の際などにゆるやかに
放出され、臭いは低減された状態が続きます。

当初はグレーを基調としたシックな内装をイメージされていましたが
他のお部屋や既存の吊戸のベージュ色とのバランスから、ベージュ色を
選ばれました。
main_201706141530382cb.jpg

main2.jpg

床は大理石調のフロアータイル、のこる3面の壁はオフホワイト系のクロス。
横目地が入っていて、角度によって光る抑え目のラメが上品なのです。

ちなみにY様邸はマンションでありながらもメゾネット式でトイレが2ヶ所に
ある間取りでしたので、数日の工事となりました。
通常はトイレを使えない日数を最小にするべくご提案させていただきます



お次は洗面脱衣室。

BEFORE
124_20170614160914a9b.jpg
無地の壁、ベージュの床のシンプルな空間でしたが、前の居住者さん取付けの
タオル掛けがはずれて壁下地が見えているところもありました。

また奥に見えているのは、洗濯物をかけるためのつっぱり棒。
洗濯機の上もつっぱりタイプの棚で収納を増やしていました。

livingut_4977612200752.jpg
*画像はおかりしています

壁を傷めずに収納力をアップできる便利グッズですよね!でも…
たま~に重みに耐えられなくなってパイプごとドサっと落ちてきたり、
棚板もパイプ状なのでピンチがひっかかってしまったり、物が落ちたり。
その度にプチイラっとしたり、無意識に使わなくなることもあります

そこで…


AFTER
005_20170614161334d37.jpg


洗濯機の上は可動棚に。
ワンアクションでモノが取れるゴールデンゾーンです
もしも将来独立型の乾燥機を置きたい…なんて時もこれなら対応できます。
007_201706141629217fb.jpg


物干し問題はこちらでクリア。
天井付けの物干し金物、ホスクリーンです。
使わない時はバーが天井に収納されています
008_20170614162922386.jpg

使う時はバーを下ろします。
010_201706141629230d4.jpg

操作はバーでくるくると。バーを掛ける場所もあります。
011_20170614162925041.jpg 


写真だと分かりづらいのですが、壁紙はやさしいグリーンの葉模様。
お部屋が爽やかに明るくなりました!
今回は各所にきちんと壁下地も入れましたのでご安心下さい。
013_201706141629285de.jpg


Y様はご夫妻とお子さまが2人の4人家族。
今回とても新鮮だったのが、Y様邸では内装を決めるときにお子様を含めた
全員で家族会議をされること。

夜更けまでご夫婦でサンプルを囲んだり、お子様ひとりひとりの意見を
取りあげ、盛り上がっていただけたそうです。
そんな風に参加させてもらえたら「自分の家」への愛着が湧きますよね!

ちなみに洗面室の壁は小学生の娘さんのセレクト。
シックな方向で考えていましたが、娘さんの直感で決めたこの柄をみんなが
気に入り、「リフォームした」感もアップして結果大正解でした。
息子さんは保育園から帰って職人さんの仕事を見るのを楽しみにしてくれました。

お住まいになりながらの工事は、お客様にとって少なからず大変な部分も
あったと思いますが、皆様にご協力頂いて滞りなく完了出来ました。

工事後に
「今日は帰っても職人さんが居ないのかと思うと淋しく感じる」
「ドアを閉めたあとにも仕事してくれているトイレの音が可愛い」
などY様ならではの味わい方をしているのをお聞きして、
リフォームを計画から丸ごと楽しむ!
という新たなジャンルの可能性を感じた私でした。


Y様、これからもご家族で仲良く楽しく、水まわり空間をお使い下さいね。
今回はご協力本当にありがとうございました!


Naomi.A
17:39 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

リノベーションのタイミング、「今」は人それぞれ

唐突ですが、われわれリノベーション工事のお声がけをいただくタイミングとしては

①結婚、出産、進学などのタイミングでマンションを購入されるとき
②おなじタイミングで、住んでいるマンションに手を入れられるとき
③お子様が巣立ったあと

がきっかけベスト3といったところでしょうか。

①の場合は新たに購入されたお部屋の分、ダブルで住居費がかかりますので
出来るだけスピーディに計画を進めることが大切になってきます。
また新学期に合わせて…というようなリミットもありがちです。

それに比べて③は時間的な制限は少ないものの、「今やろう!」という
きっかけが掴めないまま月日が過ぎていってしまう…
という方も多いと思います。

設備が老朽化してどこかに不具合が発生し、「今やらねば」となるまでは
なかなか腰が上がりませんよね。



只今リノベーションをさせて頂いているK様とはじめてお会いしたのは昨年の7月。
とても若々しいご夫妻でしたので
「子供が巣立ったあとの家を『二人住まい』向けにリノベーションしたい」
とお聞きしたときには驚いたものです。

リノベーションするにはまだ新しい築17年のマンション。
でも、あと10年たったら?そしてその頃の自分たちの暮らしは?
K様は真摯に考えられたのだろうと思います。

お若いからこそ、長いこれからの「二人の生活」が中心となる住まいに
リニューアルする。タイミングは「今」だったのだと思います。

食べること、飲むこと、語らうことがお好きなK様ご夫妻なので
キッチンを暮らしの中心に据えて、和室をリビングに取り込むリノベーションです。




83D1B023-B448-4743-AB4C-416DDF45E76A_20170609111107c64.jpg

ちょうど解体工事のときに現場にご主人様がいらっしゃいました。
まっさらになったご自宅をご覧になり、色々な思いが巡ったことと思います。



B3220B07-73D6-4BD9-88B0-A1B951FCEC44.jpg IMG_0276_20170608174023b5d.jpg

F67E6FA2-62F1-4C63-9811-D01AD4786DBE.jpg IMG_0438.jpg


ご満足いただけるお宅になるよう、一同最後まで頑張らせていただきます!



Naomi.A


   


17:03 | マンションリノベーション | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑