はじめましての方に

数あるリノベーション会社の中から見つけていただきありがとうございます

~マスターアートってどんな会社?が分かる厳選ブログアーカイブ~

アフターサービス / 養生 / 現場のモラル / サビサビ~ / 便利グッズ

品質と価格 / 経営理念
00:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ヒバリ舎さんの著書第二弾!「めんどくさい」がなくなる部屋づくり

東京の桜は開花したものの、まだ春はもったいぶって足踏みしているようですね。
卒業式シーズンもそろそろ終わりでしょうか・・・
小学生たちもやっと春休みに入った模様。
わたくし、宿題のない春休みが、子供のころ大好きでした!!

家族のライフスタイルに変化がある春という季節は
おうちの中もリフレッシュする好機です。
弊社の収納セミナーでお世話になっている整理収納アドバイザーのヒバリ舎さんが
『がんばらない。なのにすっきり。』を実現させるヒント満載の本を出されました!
BT000043156800100101_tll.jpg
今回の著書には、ヒバリ舎代表内山ミエさんのご自宅のお写真や、
イラストレーターでもあるご本人によるイラストで、DIYの指南などが豊富に載っております。
テーブルのつくりかた、シェルフのつくりかた、ペンキ塗りなどが非常にわかりやすく!
ヒバリ舎さんに教わると、これならやれそうだな!と軽い気持ちになるから
アラ不思議・・・
それは片づけ方やしまい方も同じです。
「これならやれる!これならできちゃう!」という方法ばかり。
まさに”自然に片づく暮らしかた”が見えてくる本です。
ヒバリ舎さんの整理収納哲学は、無理せず自然体で気持ちよくだからこそ、
すぐに手をつけられて、維持もしやすいのだと思います。

片づけは大いに「メンタル」に左右されること。
そうした面にも、経験にもとづいたアドバイスがしっかりと、きめ細かく載っていて、
悩める人をガシっと支えてくれます。


さてさて、、、
私の娘達がリビングを散らかす小学生のころ、高校生になるころくらいまでには
インテリアも整えて、いつ誰に訪問されても恥ずかしくないリビングにしたいものだと、するのだ!と思っていましたが
すでに娘らは大学生・・・アレ~~???
この本を読んで、遅くはない・・・嫁にいくまでには「実家はステキだった」という思い出に塗りかえよう!と、もう一度前向きな気持ちにしてもらえました。
ワタシもこの春、がんばらずにスモールステップからやってみようと思います



Yuka.I
15:25 | 収納 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

桃の節句

久しぶりに雨が降った翌日、桃の節句でございます。
今日は小春日和って感じですね。
花粉がけっこう飛んでいるそうです

1月半ばに着工したM様邸が、先日お引渡しとなりました。
もとは奥様のご実家でもあった築40年超のマンション。
ご両親様から大切に引き継がれ、リフォームして新しい一歩を踏み出されます。
そんな場面のお手伝いをさせていただけたことを、心から感謝いたします。

間取りの変更はないものの、ユニットバス、キッチン、洗面・トイレなど設備機器の総取替え、室内にあった給湯器もバルコニーに出し、追い焚き機能をつけました。
↓キッチンからの眺めbefore
before1.jpg
↓after
after1.jpg

壁の一部をオープンにしただけで見通しがよくなり、明るいキッチンになりました。

↓反対側から・・・before
before2.jpg
↓after:白いシステム家具は圧迫感なく収納力抜群!
after2.jpg

↓廊下からリビング入口ドア方面の眺めです。
m 038
左手はトイレのドア、その向こうは玄関収納の袖壁を利用して、荷物を受け取る際のハンコなどをちょこっと置ける棚と、スリッパラックを設けました。
右手は玄関正面のニッチです。

ドアを含め、全体的に白をベースカラーにしたので、家具やファブリックがどんな色でも合わせやすいと思います。

季節は春へ・・・
M様ご一家の新生活が、たのしく安らぎに満ちたものになりますように


Yuka.I


15:57 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日本の美術に触れられるモダン建築

気温のアップダウンが激しいですが、みなさま体調を崩していませんか?
2月も残り一週間、受験生はまだまだ正念場が続く頃でしょうか・・・
あと一息で春です!
希望が叶いますように

さて、国技館で有名な、両国。
両国といえば、江戸東京博物館。
そこにもうひとつ、アートスポットができました。
IMG_4097.jpg
『すみだ北斎美術館』
SANAAとして金沢21世紀美術館を設計した妹島和世さんの設計です。
彼女のデザインは、街に溶け込ませるのがほんとにうまいですよね。
奇抜な外観なのに、ずっと前からそこにたたずんでいたかのようなさりげなさ。。。
公園が隣接していて、冬木立ちと日差しのもと、子供のはしゃぐ声が響いていました。

館内はけして広くはなく、むしろ美術館としては少し狭いくらいかなと思いましたが、
常設展示などは葛飾北斎の生涯をわかりやすく紹介してあり、
海外の方々向けにスイッチポンで数カ国語で解説が読めるしくみになっていて、イマドキらしさを感じました。
IMG_4096.jpg
晩年、区内に構えていたアトリエが実物大模型で再現してあり、
一緒に住んでいた姉の阿栄と北斎(84歳当時)のリアルな人形(もちろん等身大)が置いてあるのですが、じーっと見ていると、何分かに一度動くんです!
え?いま動いた?!と目をゴシゴシ・・みたいな。
動いたところを目撃したのは自分だけでは・・・という感覚になるほどのかすかな動き方ですので、訪れた際にはぜひ見つめてみてください。

お子様の夏休みの自由研究などにも大いに使えそうですよ。
江戸東京博物館も近くですのであわせてどうぞ。

両国駅周辺のちゃんこ鍋屋さんでは、ランチでもお手軽&お手頃においしいちゃんこがいただけます。
あったかいお鍋がおいしい季節も、あとちょっと、続きそうですね。



Yuka.I




15:31 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

現場進行中!

2017年の最初のひと月が風のように去り、
早節分を迎えました。

日差しにぬくもりを感じる日もありますが
朝晩はやはり冬らしい冷えこみが続いております。
そしてめちゃくちゃ空気が乾燥しています!!カラっカラです!
受験シーズンはいつだってインフルエンザとの戦い。
受験にもウイルスにも打ち勝って、
桜の季節に向かって邁進できますように!

築40年超のマンションのリフォーム工事が進行中です。
間取りの変更はほとんどありませんが、
水廻りの設備機器の交換と、建具や内装の一新。
リビングにはシステム家具の計画も。
松井邸1月20日 004
初日は解体工事。
キッチンがあったところからLDを見たところ。
今回はこの壁の一部をオープンにして、キッチンに解放感とLDとのつながりを持たせます。
松井邸1月25日 031
水廻り設備の中で、いちばん乗りはシステムバス。
お施主様とショールームを見学して決めた浴室が組み立てられていきます。
松井邸1月25日 059
ご年配のお母様がお泊りにいらしたときに備えて、手すりも設置しました。
松井邸2月2日 033
そして二番乗りはシステムキッチン。
奥様が悩みに悩んで選ばれた、清潔感あふれる白いキッチンです。
飽きが来なくてふところが深い色、ホワイト。

住宅には、実に様々なアイテムがあり、そのひとつひとつを検討して決めてゆくことは
ほんとうに根気が要ります。

ご家族それぞれの趣味嗜好、住空間への思い、リフォームで叶えたいこと・・・
現場でお施主様の気持ちを職人さんに伝えると、
言わずとも住まい手の使い勝手を考えて造ってくれていることがわかり、
ありがたいなぁと思います。

なかなか仕上がりを見られないで現場を後にする大工さんには、すべて仕上がった状態の写真を後日見せて
「お施主様に喜んでいただけましたよ!」と伝えるよう心がけています。
たくさんの人の手で仕上げてゆくリフォーム・リノベーション。
その手は、心が動かしています。


Yuka.I




15:58 | マンションリノベーション | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑