はじめましての方に

数あるリノベーション会社の中から見つけていただきありがとうございます

~マスターアートってどんな会社?が分かる厳選ブログアーカイブ~

アフターサービス / 養生 / 現場のモラル / サビサビ~ / 便利グッズ

品質と価格 / 経営理念
00:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

進行中!

今年はお花見の時期にきちんと満開の桜をたのしめた感がありましたね。
木々は若葉が輝きだし、新緑の季節へまっしぐら。
新入生、新社会人・・・新生活をスタートした方々はリズムをつかんで慣れるまではなにかと大変だと思いますが、ひとつでも「タノシイ」と感じることを見つけて、リラックスタイムもお忘れなく



さて、N様邸リフォーム工事が先週から始まり、進行中です。
築15年のマンションをご購入され、一部間取りの変更と設備機器の交換、内装リフォームをご用命いただきました。
N様があまり好きではないデザインの扉を交換するかどうかや、床暖房をやりかえるかどうかなど、このタイミングでどこまで、どこにコストをかけてリフォームするか、数年先のことまで考えつつ計画を練るお打合せを重ねました。
IMG_2001.jpg
狭かったキッチンの出入り口を広げるべく、
IMG_2676.jpg
対面型のレイアウトはそのままに、LD空間へキッチンを進出させます。
IMG_2741.jpg
リビング隣の和室もフローリングを貼って洋室に。上吊り引き戸で仕切ることもできるように。
IMG_2692.jpg
採光2方向のため明るくて広いLD空間になりそうです。

給湯器は最近交換されたもののためそのまま使用しますが、温水式床暖房パネルは15年使った初代のものでしたから、この機会に交換することにしました。
この年代のマンションは東京ガスのTESシステム(給湯+床暖房+浴室暖房乾燥換気をまかなう)が採用されていることが多く、リフォームをする際には考慮しなければならないことが少なからずあります。

完成までおよそ3週間。
N様ご家族の新しい生活のステージを、大切に仕上げていきたいと思います。


Yuka.I




11:43 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

キッチンメーカー、どのように決めますか?②

オープンな対面キッチンが人気ですが、独立キッチンも根強い人気があります。
その理由は、収納をたっぷり取れること!
一番使いやすい高さ(目の前)にモノをしまえることは大きいです。
いつも収納セミナーをお願いしているヒバリ舎の内山ミエさんも、吊戸のあるキッチンが好みとおっしゃってました。


               


さて、M様邸もダイニングに隣接した独立キッチンです。
お料理が好きなM様は、20年ほど前にキッチンリフォームをされていました。
IMG_1338.jpg

ガスオーブン、あえて左端にした食洗機、通常よりも背の高い吊戸。
壁面にハンガーバーを取り付けて、レードルやキッチンペーパー、調味料などすぐ手に取れるところにスタンバイ!
そんなこだわりのキッチンの中でも奥様のお気に入りは、壁のタイル。
素焼き風で一枚ずつ表情が違い、フルーツや野菜の柄がとても素敵でした。

今回キッチンを変えることになったのは、排水からの水漏れでした。
でも大学受験を控えたお子様がいるM様。
はじめは補修で済むようにしたかったのですが、部品はすでに廃盤。
漏水のあるシンクだけの交換は出来ないので、キッチンごと交換しなければならない…という経緯でした。

ということで、今回は

① お気に入りのタイルを生かす

② 工期を短く & 工事の負担を軽くする

この2つがM様がご満足いただけるポイントである!と思いました。


さて、前回も書きましたが、キッチンメーカーってたくさんあるんです
その上ひとつのメーカーにも2~4種類のグレードに応じたシリーズがあり、それぞれ出来ること、出来ないことが違うわけです。お値段も違います。
D6AB550B-6DEF-456F-BCE8-61A84E660C44_20180326105058381.jpg
配管やフードのつなぎなど、たくさんの制約の中から適したものをお客様が判断することは難しいものです。

私たちにとっても簡単ではありません。
だからひと現場ずつ条件を確認して、お客様の望みをスタートとして心に置いて、セレクトします。

一応現場をみて可否を確認して、このメーカーだと安いから!お洒落だから!
ここから好きな色柄を選んで!はい決定!
ではありません。


M様邸ではもともとTOTOのキッチンをお使いでした。
でも現在TOTOのTHEクラッソはバックガードがありません。
カウンター

バックガードってこれです
天板の奥にある立ち上がり。
img7.jpg



クラッソは天板が薄い上にバックガードがないから、繊細でスタイリッシュな雰囲気で人気です。
(前回のE様邸も見てくださいね!)

でもM様邸の新しいキッチンにはバックガードが必要です。
それはタイルを生かしたいから!

キッチンを交換したときに、タイルが張られていない部分が出ては困ります。
そんなこんなを加味して、今回おススメして採用されたのはLIXILのアレスタでした。
*TOTOにバックガード付きのシリーズもありますが、諸条件で今回はこちらに。
必要十分な機能を満たしつつ、お値段も高すぎない。
本来なら補修でと考えていた交換の場合、金額が張りすぎないことも大事な要素です。



それでは出来上がったキッチンを見ていただきます


【AFTER】
吊戸はホワイト、本体は紺色。爽やかなツートンカラーにしました。
417E5AF7-2BA0-41A3-A8D0-E5CB73037884.jpg

壁はもともとのタイルだけでなく、キッチンパネルを貼っています。
今回、タイルを生かしつつ工期も短くするために編み出した(大げさですけど…)方法です。
B9F8E2BD-9D6C-4505-9348-6345BF0E2836.jpg

タイルをはがすと、大きな音が出て、工期が長くなり、ゴミも出でます。
ですのでサイズに余裕があるなら、古いタイルの上からキッチンパネルを貼ることはベーシックな方法です。
でも今回はM様お気に入りのタイルを見せたかった…
そこで、素敵な柄の入ったタイル部分を帯のように残して、上下にキッチンパネルを貼りました。
D229115D-BB69-4E6B-9A59-0ABEB194FAA8.jpg

私も初めてでしたが、お客様の希望を満たすためにこの方法を選びました。
工事方法も検討し、結果的には1週間ほどいただくこともある工事を4日で終えることが出来ました。

工事中も、生活への影響がなるべく小さくなるように工程を細かくお知らせし、
冷蔵庫や家電を使えるように移動したり。

まだ受験シーズンに突入する前ではありましたが
M様が心に余裕を持って工事に向うことができ、
それにより息子さんへの負担が減り、
水漏れの心配のない新しいキッチンになり、
お気に入りのタイルは変わらず眺めることができて
…喜んでいただけたなら幸いです!

そのためには、やっぱりコミュニケーションが大切だな、と思います。
今回もM様が食べることを大切にしていること、受験生である息子さんへの心遣いが伝わってきたからこそ、何とかしたい!と思えました。

お客様が何を感じて、何を求められているのか、自分の力だけでは察することが難しいこともあります。
ですので、「知りたいな」と思いながらお話を聞くことを大事にしつつ…
お客様からも色々な思いを伝えていただけたら、とても嬉しく思います



Naomi.A








11:03 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

キッチンメーカー、どうやって決めますか?①

少し前の話になりますが、2週連続でキッチンリフォームを
させていただきました!

どちらもクローズされたキッチンでしたのでリビング・ダイニングへの影響が少ない、いわゆる「素取替え」のリフォームです。

とはいえ

配管の経路
食洗機のある、なし
排気フードのつなぎ方
壁の素材は何にする?
収納をどうする?

などなど、色々なチェックが必要です。
そして何より「素取替え」だからこそ以前のキッチンより使いやすく、立つことが楽しくなるように!
と思いながらご提案しています。

それでは早速ご紹介。

【BEFORE】
ご覧の通りまだ新しく、質の良いキッチン。
でも食洗機の使い勝手が悪いことがご不満で、コンロをIHにされたい希望がありました。
135.jpg

背面収納がたっぷりあるものの、スリムな食器棚を置かれゴミ箱も外に出ていました。
そこに使いづらさが隠れているはず!
144.jpg


【AFTER】
このような形に
すっきりと薄い天板が特徴のTOTOのTHE クラッソを選ばれました。
84FAF565-E9E3-4457-A704-8C87AF2C9BBC.jpg

背面収納はこのようにリニューアル。
右側に幅45センチのトール収納を設けたので、食器棚をリビングに移すことができました。
炊飯器は引き出し式の家電収納の中に収め、よそったものを置くスペースも確保。
ご主人様もお料理をなさるので、あまり腰をかがめなくても良いように高めの天板にしています。
ゴミ箱スペースも作ったので、もう足元に出ることもありませんね。
E77D2BAE-B235-46D7-9819-EDEA8F4A40A5.jpg

こんな時、どうやってキッチンのメーカーを決めるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

今回は現場調査のあとで、3つのメーカーをご提案させて頂きました。
ポイントは
★もともと高いグレードのキッチンでしたので、同レベルになるように
★リビングでも質の良いシックな木製家具をお使いでしたので、鋼質なものより家具的なフェイスのもの
★そして一番はこちら!
元々の排水口がディスポーザー(排水口の下の生ゴミ処理機)仕様になっていたので、それに対応出来ること。
メーカーによってはディスポーザーであることにより、排水溝の形状や扉に制限があります。

以上を加味して3メーカーを選び、まずはカタログでご覧いただきました。
海外出張もあるお忙しいE様。
まずはカタログで吟味して頂いてTOTOに決めてからショールームをご案内しました。
(もちろん2~3社見比べたい…というお客様にはそのように致します

ちなみにTHEクラッソは、ディスポーザー対応はシンクの下が開き扉のみでした(*リフォーム当時)
でもE様にとっての優先順位は 引き出し < 除菌水 だったとのこと。
そこをご自身で対話していただき、選択していただくことが大切です。

ながい間自営のお仕事をされてきましたが、そろそろ引退して
ご夫婦でゆっくり過ごすことにシフトして行きたい。
そんな風におっしゃっていたE様。

そのためには「食」の充実、そして
「立つことが嬉しい使い勝手の良いキッチン」
が必要だったのですね。
そのためならば、築浅であってもリフォームの意義は大きいのではないでしょうか。

はじめは元々のキッチンが素敵だったので、交換することによってちゃんとご満足いただけるだろうか?と心配もありましたが、キッチンは小宇宙!

目に見える大きなこと(扉や天板が変わること)以外にも
収納、収まり、工事の方法、工事中のご不便を減らすことetc.
が差となり現れるはず。

そこに、マスターアートを選んでいただける理由があるといいな…
と思っています。


Naomi.A




11:25 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

女性らしさを感じる住まい リノベーション完成!

寒い中にもすこし空気の緩みが感じられませんか?

わが家では例年、猫のサクラが突然ダッシュしはじめ
なんとな~く花粉の気配が感じられると
春が近い!のサインです。


さて、先日無事にお引渡しを終えたT様邸のご紹介です。
6_20180223145030659.jpg

世田谷区の築約40年のマンション。
はじめはエアコン配管の不備から始まったお話でした。
将来的には賃貸の可能性もあるT様邸ですが、しばらく大きな改装を
していなかったことから「今」を快適にすることを優先し、思い切った
リノベーションを選択されました。


【BEFORE】
元はやや間口の細いリビングでした。
3_201802211435466ef.jpg


【AFTER】
隣の個室を取り込むことで、広々とした空間に!
4_20180221143356e43.jpg







【BEFORE】
リビング入口方向を見たところ。ホワイトが基調のお部屋でしたが…
1_20180221143544f42.jpg



【AFTER】
「木」の温かみがプラスされて、女性らしいやわらかさの中にも
めりはりのある空間に生まれ変わりました。
2_20180221143355bf6.jpg







【BEFORE】
キッチンは写真向って左側に入口がありました。
柱と梁をくぐるようにして入る独立キッチンでしたが…
033_201802211455514f6.jpg


【AFTER】
手前にキッチンを少し移動しました。もとの梁の位置がお分かりでしょうか?
141_20180221150202a92.jpg

梁からこちらはリビングゾーンでもあります。
キッチンとリビングとの境界がやわらかくつながるように
アクセントクロスや腰壁のタイル(エコカラット)をほどこしてあります。
1_201802211433532cd.jpg

キッチンを手前に出した分、奥には廊下に出られる通路ができました。
(マスターアートでは定番のご提案かも知れませんね
132.jpg

もともと収納のとても多いキッチンでしたので、背面収納も充実。
OPEN部分はゴミ箱やワゴンなどでカスタマイズしていただきます。
134.jpg







【BEFORE】廊下~玄関
5_20180226133835653.jpg


【AFTER】絵画が映える空間に!
129.jpg

玄関タイルは明るいグレー。下足入と向かい合わせの玄関収納は
ウォルナットを選び、空間を引きしめました。
廊下にはシンプルなコート掛けもご用意しましたよ。
7_201802261340274be.jpg







【BEFORE】
個室はキャビネットと吊戸で収納力抜群でしたが、やや重い印象でした
8_20180226133836be2.jpg


【AFTER】
吊戸は撤去してすっきりした印象にしつつ
9_20180226134029181.jpg

収納力が減らないように計画。
102.jpg

お隣の個室も同じく。
お布団のストックをお持ちの場合、どこかにその収納を確保しておけば安心です。
11_20180226134811ee8.jpg






【AFTER】
水廻りも一新。奥行きはコンパクトになっても収納力はアップ!
13.jpg


既存は在来工法でした。今回は合うサイズがありましたので、
ユニットバスにリニューアル。
12_20180226134030cbb.jpg


お手洗いもシンプルにすっきりと。
168.jpg


以上、T様邸のリノベーションをご覧いただきました!


                   


つくづく家(マンション)の年の経ちかたは色々だな…と思います。
その時々で必要な場所を直したり、部屋数を替えるお宅。
長~く同じ環境で暮らしたあと、リノベーションを選ぶお宅。

どちらが正解ということはありません。
ただ私がいつも大事だと思うことは

今の生活にフィットした住まいにすること

配管に気を配ること

の二つでしょうか。

2~3年後には子供室が必ず必要になる…などの場合は別として
「今の暮らし」が快適になるか、心地良くなるかを大事にして選ぶことが
満足感につながると思います。

T様は遠い将来賃貸になるかも知れないお宅だからと、表層だけを
きれいにする方法も選べました。
でも新生活を思い描いたときに、どちらがご自身にぴったり来るか。そして
(もちろん将来に貸し出す時の価値のことも考え)リノベーションを選ばれました。

そこには配管をやり直すことの安心感も大きいのです。
どんなに表層をきれいにして設備を交換しても、血管となる配管が古いままでは
どこか不安をかかえて生活しなければなりません。

ご予算やライフプランなど、条件がある中でも、その二つを意識して
計画を立てることがお客様の満足につながると信じて…
これからもお手伝いさせて頂きたいと思います


Naomi.A


15:17 | マンションリノベーション | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑