築1年の戸建住宅にちょい足しリフォーム

夏至も過ぎましたね。
カラ梅雨かと思いきや、降るときゃ台風のような風雨・・・
道端の紫陽花もビックリ顔です。

弊社は路面店ですので、たまに飛び込みのお客様がご来店されます。
W様もある日お出かけついでといった風情で立ち寄ってくださったお客様です。
ご相談は、お住まいの一戸建てのおうちに、キッチンの収納をつけたいというもの。
新築建売住宅にご入居されて、ちょうど1年、まだ小さい息子さんの子育てをしながらお仕事もされながら、
「あー、ここはこうしたいのに!」がなかなか叶えられなかったのです。

理想の形をヒアリングして、後日現場調査に伺いました。
吊り戸棚とカウンター、引き出しのあるフロアキャビネットがご希望とのこと。
なるほど、現況は置き家具を駆使してどうにか家電と食器とゴミ箱とミネラルウォーターサーバーなどを収めていらっしゃいました。
w 010
w 009
空間が活きないのがW様の悩みのタネ。
キッチン本体はクリナップ製品で、築浅のため、幸い同じ扉材がまだ存続していたので、新たに設置する収納もお揃いにできそうです。
ただ、心配なのは固定する壁下地の状況です。
建築した業者さんが気を利かせて合板なんか貼ってないよな・・・となると、
通常、間柱に石膏ボードが貼ってある下地・・・。
今回は大工さんは入れず、キッチンメーカーの施工業者さんが取り付ける予定なので、
間柱の場所を見つけて、がっちり取り付けてもらわねばなりません。
現場を下見してから、W様、メーカーサイドと数度の打合せを経て発注、施工日が確定しました。

施工当日、メーカーの施工屋さんは必須アイテム「下地探し」(押しつけると跡が残らないほど細い針がビシッと飛び出す工具)を天井や壁に刺して木の入っている場所を確認します。
IMG_4582.jpg
なんとか、具合のいい位置に下地が入っていることがわかりました。
背面にあたる部分の巾木はカットして取った方が収まりがよさそう、と打合せをしていざ設置工事開始!

After↓
IMG_4594.jpg
IMG_4593.jpg
カウンターを延長してその下にゴミ箱を置きたかったW様のご要望が叶い、
さらに炊飯器も延長部分に置くことで蒸気が解放され、棚をスライドする手間もなくなり、L型キッチンのコーナーにあったトースターが電子レンジと二階建てに収まりました。
カウンターの延長のみ特注で、あとは既製のユニットの組合せです。
吊り戸棚は炊飯器の開閉に影響はなく、
ゴミ箱のフタを全開してもカウンターに当たりませんでした
(もちろん現場調査時にそれぞれのフタを開けたときの寸法も測っておきましたヨ

W様はこうした半日程度のリフォームでも、色々な人とモノが関わって、想像していたより大変なんですね、とおっしゃっていました。
そしてご入居当時のたいへんだったことなども改めて思い出されたそうです。
まだ生まれてまもない赤ちゃんを抱えてのお引越しだったんですものね・・・
1年間生活してみて感じた不自由なこと、それがやっと改善した満足感を味わっておられました。

スケルトンリフォームであるリノベーションもさることながら、こうしたプチ不満解消リフォームでお客様に喜んでいただけることは、私たちにとって無上の喜びです。
W様、ご来店いただいた今回のご縁に感謝いたします。
ありがとうございました




Yuka.I





たいせつなおしらせ
弊社ホームページでもご案内しておりました、ヒバリ舎さんによるキッチン収納セミナーは、
お申込みが定員に達しましたので応募を締め切らせていただきます。
この場を借りまして御礼とご報告申し上げます。


17:38 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日本の美術に触れられるモダン建築

気温のアップダウンが激しいですが、みなさま体調を崩していませんか?
2月も残り一週間、受験生はまだまだ正念場が続く頃でしょうか・・・
あと一息で春です!
希望が叶いますように

さて、国技館で有名な、両国。
両国といえば、江戸東京博物館。
そこにもうひとつ、アートスポットができました。
IMG_4097.jpg
『すみだ北斎美術館』
SANAAとして金沢21世紀美術館を設計した妹島和世さんの設計です。
彼女のデザインは、街に溶け込ませるのがほんとにうまいですよね。
奇抜な外観なのに、ずっと前からそこにたたずんでいたかのようなさりげなさ。。。
公園が隣接していて、冬木立ちと日差しのもと、子供のはしゃぐ声が響いていました。

館内はけして広くはなく、むしろ美術館としては少し狭いくらいかなと思いましたが、
常設展示などは葛飾北斎の生涯をわかりやすく紹介してあり、
海外の方々向けにスイッチポンで数カ国語で解説が読めるしくみになっていて、イマドキらしさを感じました。
IMG_4096.jpg
晩年、区内に構えていたアトリエが実物大模型で再現してあり、
一緒に住んでいた姉の阿栄と北斎(84歳当時)のリアルな人形(もちろん等身大)が置いてあるのですが、じーっと見ていると、何分かに一度動くんです!
え?いま動いた?!と目をゴシゴシ・・みたいな。
動いたところを目撃したのは自分だけでは・・・という感覚になるほどのかすかな動き方ですので、訪れた際にはぜひ見つめてみてください。

お子様の夏休みの自由研究などにも大いに使えそうですよ。
江戸東京博物館も近くですのであわせてどうぞ。

両国駅周辺のちゃんこ鍋屋さんでは、ランチでもお手軽&お手頃においしいちゃんこがいただけます。
あったかいお鍋がおいしい季節も、あとちょっと、続きそうですね。



Yuka.I




15:31 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2017年が始まりました

2017年も成人の日が過ぎ、
あっという間に1月の三分の一が過ぎようとしております
今年も月日の経つのが早そうですね!

とても穏やかな天候の年末年始でしたが
みなさまはどんなふうにお過ごしでしたでしょうか・・・
これまで、そしてこれから、ご縁をいただきますみなさまの
ご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

本年もマスターアートをどうぞよろしくお願い申し上げます!!
ケッコーな一年となりますように




Renostaff




14:17 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

UNUファーマーズマーケット&ノルディックライフスタイルマーケット

乾燥した冬らしい寒さの日が続いていますね。
師走も前半が過ぎ、これから先は気持ちが焦る日々。
まずは体調維持を心がけつつ、一日一日ベストを尽くしたいです。

よく晴れた風の冷たい日曜日、以前から行きたかった
『ノルディックライフスタイルマーケット』にようやっと行きました。
青山の国連大学の中庭で季節ごとに年4回、開催されている北欧雑貨の市です。
衣食住にまつわる様々なものを扱うお店がいっぱいで、
見て歩くだけで楽しかったです!
3_20161214140402745.png
4_20161214140402536.png
5.png
吉祥寺にある北欧家具の店Bellbetさんもほとんど毎回出店されているもよう。
6.png
中庭は日陰で冷えましたが、見飽きないのでぐるぐる何周もしてしまいました。
7.png
コーヒーや北欧圏のおやつやデリのショップもあって、食文化も楽しめます。
8.png


そして、こちらは同じく国連大学前で毎週土日に開かれる『ファーマーズマーケット』
1_20161214140405077.png
全国各地からフレッシュな野菜や果物、お酒にワイン、ジャムにお菓子、ナッツ類、めずらしい食材がわんさと!
食いしん坊の池谷家はあちこちで試食をし、お店のおじさんおばさんおにいさんおねえさんと会話をたのしみました。
産地のつくり手と直接話せるのはとても素敵なことです
クリスマスの食卓用にお買い物をしている方も多かったと思います。
9.png
ハイ、こちらが我が家の仕入れ。
カラフルな人参は5本で500円でしたが紫色のが細いからと1本おまけしてくれました。
スティックにしていただきます。バーニャカウダもいいな。
大粒なめこの獲れたてパック。なめこ汁にしたら絶品でした!
自然薯はホイル焼きにすると栄養価も高まりほくほく美味しいそうです。
皮をいっぱい利用したいから、無農薬の柚子。
そしてひょうたんみたいなバターナッツかぼちゃ。
アメリカではポピュラーなかぼちゃみたいですが、日本ではまだニューフェイス感ありますね。
お店のおじさんにポタージュの作り方を教えてもらったので、クリスマスイブに作ろうと思います。
このまま飾っておきたい気もするけれど・・・

下に敷いたクロス、デンマークの老舗スーパーIrma(イヤマ)のロゴマーク、イヤマちゃんが角にひっそりいるのが見えますか?
ノルディックライフスタイルマーケットでゲット。
a1332d80f37f51999e508a6f1793e1b2885a3e9a.jpg

北欧グッズはこれのみで、農産物の仕入れに走ってしまいました

ファーマーズマーケットは毎週開催ですが、年4回のノルディックライフスタイルマーケットと同時開催の日に合わせて行けば、ひと粒で二度おいしい!ですよ。


Yuka.I





15:11 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

青空の彼方に

26日、井の頭自然文化園のアイドルでありシンボルだったアジア象のはな子が亡くなりました。
69歳でした。

もう相当なおばあちゃんだったので、会いに行かなきゃ行かなきゃと思っていた矢先の訃報に、激しい後悔の念で打ちのめされました。

歩いて会いに行こうと思えば行ける近所に住んでいる私にとって
まさに隣人でした。

亡くなって最初の日曜日、
弔問に訪れると
文化園の入口は長蛇の列。
子どもたちが小さいころから何度も来ていましたが、こんなに並んで入場したのは初めてです。
自転車置き場もいっぱい。
IMG_3019.jpg
IMG_3021.jpg
IMG_3023.jpg
IMG_3024.jpg

モルモットのふれあいコーナーや、
小動物の姿を横目に奥へ進んでいくと、
いつもなら悠然とたたずむはな子が目に飛び込んでくるのですが・・・
そこにあったのは献花台と、あふれんばかりの花が置かれたはな子の運動場。
IMG_3026.jpg
IMG_3027.jpg
IMG_3029.jpg
IMG_3035.jpg
IMG_3037.jpg
IMG_3039.jpg
IMG_3034.jpg
IMG_3040.jpg
IMG_3041.jpg
IMG_3042.jpg
IMG_3043.jpg
IMG_3044.jpg
IMG_3045.jpg
IMG_3046.jpg
IMG_3047.jpg


IMG_3051.jpg

ここへ来て、はな子の姿を見れば、なんとなくほっとしたものです。
いつもここにいてくれると安心しきっていたのです。
その大きな姿がもうない・・・
となりで運動場の花を見つめていた女性がすすり泣いていることに気がつきました。
ああ、大人だけど、泣いてもいいか・・・
涙があふれました。
ありがとう、はな子、そしておつかれさまでした・・・はな子も飼育員のみなさんも。
私が幼稚園の遠足でここを訪れていたはるか昔から、
子連れで遊びに来るようになるまで、変わらずここにいてくれて、
ほんとうにありがとう。
どうか安らかに。

IMG_3054.jpg

私たちの上に空があたりまえにあるように、
はな子の存在はいつまでもみんなの心から消えないよ。



Yuka.I
09:52 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑