住まいのカタチ

空を見上げると、迫ってくるような立派な夏雲
夏雲
昼間はセミが懸命に鳴いて、夜になるとコオロギに入れ替わります
夏と秋のちょうど真ん中という時期ですが、残暑がまだまだキビシーですね
食べ物が美味しい季節”THE秋”が待ち遠しいムラカミです

先日、事例写真の撮影に行ってきました。
ご協力賜りましたOさま、お忙しいなか本当にありがとうございました
ホームページへの掲載はまだ先になりますが、少しだけ紹介させて戴きます

【中野区 RC造 テラスハウスリノベーション】

中野区O様邸 リノベーション1
広々と天井も高くなったリビングダイニング
なんと木馬は、おじいちゃん手造りのお孫さんへのプレゼントだそうです!
ビーチ材のフローリングは、耐久性を重視して凹みに強い素材を選定しました。
ちゃんと暴れ木馬で走り回ることも計算済み(ウソです)

中野区O様邸 リノベーション2
ご主人さま念願の大型書斎
以前のお住まいでは一室に納まりきらず、リビングまで占領していた書物を
壁面を有効利用してご主人様がレイアウトしました
本はとても重いので、構造上いちばん強度のある場所に配置してありますし
固定もバッチリなので地震が起きても倒れてくることはありません。

中野区O様邸 リノベーション3
ハンサム猫の”ネコラ君”
内覧会でも「素敵」と好評だった上吊り型の格子戸。
玄関土間と廊下を仕切る扉なのですが、何の目的だと思いますか?
じつは、ネコラ君が不意に玄関を出て道路へ飛び出すのを防ぐためなのです
上手く空間のアクセントにもなっていますね。

中野区O様邸 リノベーション4
広々としたタイル貼りの玄関。
格子戸が上吊り型だと、床に邪魔なレールが無いのがメリットです
鏡の裏は下駄箱になっています
奥の棚には、子供の外遊び道具やストック品を置けるようになっています。
こういう玄関だと、ベビーカーや自転車も楽々入れられて便利です

『理想の住まい』のカタチは本当に千差万別です。
一期一会のお客さまと正面から向き合って理想を探求し、やっと辿り着いた答え。
それが事例写真のワンカットになります

Daichi.M
15:51 | リノスタイル | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夢二

食欲の春?
と思ってしまうくらい、食べても食べてもお腹が減る、大食いのムラカミです
新しい物件が始まると、まず近所の美味しいランチができるお店を探します

先日、念願の完成を迎えた「Oさま邸」
非公式ではありましたが、内覧会へはたくさんの皆さまのご来場ありがとうございました。
MasterArtのクオリティとコストパフォーマンスの高さを実際に触れて頂ける機会をくださったOさまも本当にありがとうございました。

いずれ、ホームページに事例作品として掲載いたしますが・・

Oさま邸のひとコマをご紹介させて頂きます
O様邸 二階LDK① O様邸 二階LDK②
階段を上って、二階LDKに繋がる通路を仕切るスライドタイプのパネルドア

・階段とLDKを仕切って冷暖房の効率を上げる。
・吹き抜け階段からの日差しを取り込む。
・小さなお子さまが階段へ転落しないように(カギ付き)

そんな目的で造られた扉ですが、中央を飾る模様がちょっと面白いと思いませんか?

実はこの部分、「竹久夢二」のデザインから創られた壁紙を貼ってあります

竹久夢二「銀杏の葉と実」

夢二式美人と呼ばれる美人画で知られる「竹久夢二」ですが、実は日本のグラフィックデザイナーの草分け的な存在です。

日本文学を愛するOさまの粋な遊び心が選んだ「夢二の銀杏」
こんなワンポイントが住まいに愛着を与えるのでしょう!


「朝慕小感」竹久夢二

「吾々の住むこの地上をして、より美しくより幸福ならしめることが吾々の任務である」ウィリアム・モリスはしばしばそう言っている。

モリスは、詩人として、工業図案家として、生活を愛する一人の芸術家として完全な模範的な市民であった。そんな人が市長に選ばれたら、新東京もいくらか住み好い、モリスの所謂「美しい幸福な街」になるかも知れない。まづ吾々は、日常生活の小さな改良や工夫から「美しい幸福な街」の建設を創めねばなりますまい。

「富とは、自然が吾々に与えるもの、及び理性をもった人々が、彼らの合理的の需要のために自然の賜物から製作したものである。即ち自由な人間らしい堕落していない民衆の快楽に資するものが、富である」

この富という言葉を、奢侈品の反対の意味を持った品物に代えて、今一度読んで下さい。そうすると、我々の生活を羨ましく幸福にするものがどんな種類のものであるかわかってくると思う。
出典/『婦人画報』231号大正14年1月


現代のモノ創りに携わる一人として、まだまだ学ばねばならない事は沢山ありそうです

Daichi.M
20:51 | リノスタイル | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

基本性能

桜も散り、季節はどんどん移り変わってまいります
サイクリング好きのムラカミとしては嬉しい季節に入ってきました

現在、中野では『Oさま邸リノベーション』が進行中!!!
築37年、鉄筋コンクリート造2階建てのテラスハウスです。

Oさまご家族3人+1匹が長く快適に過ごせる住まいとは・・・
と、考えたとき
やはり”住まい”としてのの基本性能をしっかり備えていなければと思うわけです。

O様邸 before
コレは工事前の、何の変哲の無いお部屋ですが・・・

O様邸 吹き抜け天井
解体すると、天井裏にこんな大きなデッドスペースが存在するのです。

天井高さを目いっぱい生かして吹き抜け傾斜天井を造ります。

ここで忘れてはいけないのが、屋根からの熱を遮る「断熱」です。

O様邸 遮音シート
これは、隣戸境の壁に遮音シートを貼っているところです。
建物の構造によっては、音の問題はとてもデリケートですから
今の内にできる対策をほどこしておかねば!です

お話は変わりますが

初めてOさま邸で、ロフトへの入口を開けてみると
ロフト入口
このメカは何???
初めて見た???

ロフトステップ
ググッと伸ばすと、
ロフト階段に

カ、カッコイイ
レトロだけどしっかり頑丈で操作性バツグン

このロフトステップは再利用いたします!

Daichi.M
18:02 | リノスタイル | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

包まれる家

今日は、カメラマンによる写真撮影に行ってきたムラカミです

ホームページ等に掲載する為の写真で、お客さまのご協力のもと撮影させて戴きます。

ご協力戴きましたM様、本当にありがとうございました!m(_ _)m


リノベーションが完成したのは昨年末でしたが、地震でのゴタゴタもあり
今日やっと念願の写真撮影に至り、ボク達にとっても感慨深いものとなりました!

M様は本物の素材にこだわり、壁の珪藻土からアクセントのペイントウォールまで
カラーリングには吟味を重ねて、選び抜いたお気に入り素材で空間を彩っています。

天然木の風合いとハチミツ色のやさしい壁で、まさに”包まれている感”たっぷりの仕上がり

     撮影風景
Hiroshi Watanabe

壁に掛けてあるイラストレーター渡辺宏さんの作品が、
このお部屋の雰囲気に絶妙にマッチしています。

写真の出来上がりがすごく楽しみです


そんな風景の中・・・

「ソコ!もっと寄って撮ってもらえます?」
カメラマンに向かって堂々と”ダメ出し”するイケタニ

イヤ大切な作品だからこそ、熱がこもるってもんですね

Daichi.M
19:12 | リノスタイル | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

37年目の出会い?

皆さま。あけましておめでとうございます!!!ムラカミです。

2011年もたくさんのお客さまに価値【バリュー】をお届けしたいと張り切っております!
どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m

新年早々、お陰さまで続々と工事がスタートしています。

本日は、Sさまからのご依頼の『賃貸テラスハウスリノベーション』の着工!

「吉祥寺」すぐ近くの好立地にくわえ、ロフトを含め床面積がナント!130㎡超
しかも駐車場付き

そこにマスターアートが新しい命を吹き込みます

(3月から入居募集開始なのでご興味のある方はご連絡ください。)


Sさま賃貸物件 解体1 Sさま賃貸物件 解体2

いつもお馴染みの「スケルトン」解体工事。

解体屋さんも手馴れたもの。

バッサバッサと壁や天井が解体されて、コンクリートのハコになっていきます。


まあ・・・
毎度、よくある事なんですけど・・・

天井裏や壁の中から、昔工事したときの「ゴミ」が出てくるのが。。。

今回も、やっぱり、、、でした。

(たまには、「お宝」でも出てこないかな?)


でも、不届きな「ゴミ」なんですがコレは!!!

Sさま賃貸物件 ファンタ!?
ファンタの空き缶!!!

この建物は、昭和48年築だから、、、

ボクの生まれた年の『ファンタ』!?

時空を超えて、ジッと天井裏で37年目の出会いを待っていた!?

Daichi.M

  
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート      リノスタイル社長日記
21:24 | リノスタイル | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑