FC2ブログ

レイチェル愛が止まらない

豪雪に見舞われている北陸のことが気がかりです。
私が金沢で過ごした中学時代、56豪雪という記録に残る大雪の冬がありました。
(昭和56年なので56豪雪です)
降りしきる雪が一晩でずっしりと積もり、世界が閉ざされた感覚を覚えています。
北陸の雪は水分を含み重く、雪かきも重労働・・・
物流にも影響があり、スーパー・コンビニは品薄に、路線バスも止まるなど生活も不自由になってきているようなので、一日も早く雪が落ち着いてくれるよう祈るばかりです。


さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、寒い冬の晩を、訪れた国の食文化や美味しそうなお料理で彩ってくれる素敵なTV番組をご紹介します。
『レイチェルのおいしい旅レシピ』NHK Eテレ 月曜日午後11:00~11:27
 以下画像はお借りしています
私がレイチェル・クーを知り、番組を見始めたのは、この番組の前シリーズ『レイチェルのパリの小さなキッチン』。
レイチェル1
レイチェルはイギリスで大人気の料理人・フードジャーナリスト。
こちらは2012年にイギリスBBCで初放送後、世界100か国あまりで放送された番組の日本語版で、レイチェル自身が住んでいたパリの小さなアパルトマンの極小キッチンでレイチェル流のフランスの家庭料理を作っていくもの。
おおらかに大雑把に、手際よく作り上げてゆく料理は超フォトジェニック!
つまりインスタ映えしまくりの一皿に!!
(レイチェル・クーのインスタはこちら
小さなアパルトマンは、一晩一組のお客様をおもてなしするレストランにもなり、彼女の料理に舌鼓を打つゲストがうらやましい限り!
レイチェル2

昨年暮れから始まった新シリーズでは、世界各地を旅するレイチェルがその土地の食材や郷土料理にヒントを得て
自分なりのアレンジを加えたレシピで彼女らしい料理を次々に作っていきます。
いろいろな国の風景や地元の人々の生活ルポも楽しめ、30分があっという間に過ぎてしまいます!
インスピレーションを感じると料理のイメージをイラストにするレイチェル(絵も上手い)↓
レイチェル5
なによりも魅力的なのはレイチェルの人柄!
レイチェル3
黒髪(お父さんがマレーシア系中国人/お母さんがオーストリア人だそう)にヴィヴィッドな色合いの服でお料理をしながら大きな口で歯を見せてガハハと豪快に笑い、眉を上げ瞳をくるくるさせながら両手をオーバーに動かしてほんとうに楽しそうにしている彼女を見ていると、こちらまでウキウキした気持ちになるのです。
レイチェル4
日本でもレイチェルのレシピ本は出版されています。
book_20180208100913f6f.jpg
気取ってないけれど、ちょっぴりおしゃれなパリのエスプリが効いたレシピが満載(だと思います・・未購入

ハマっているため熱弁してしまいました
旅行気分とレイチェルのかわいいキャラやファッション、そしておいしそうな料理ができあがる工程をすべて味わえるおトクな番組です。
願わくば長寿番組であってほしいな


Yuka.I





10:27 | お気に入り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

BALMUDA GreenFan Japan

以前から欲しかったBALMUDAの扇風機、GreenFan Japan。
メーカーのオンラインストアではずっと在庫切れ状態が続いていました。
EGF-1550.jpg
どうしても欲しかったので、しつこくなんどもサイトを覗いていたら、先月半ばにやっとこさ在庫切れ解除となっていて、即注文し、無事ゲットできました!!

以前はなかった色、ゴールドが出ていたので、グレーとどっちにしようか迷いましたが
家電としてはやわらかい印象であろうゴールドに。
正解でした

あわせてBattery&Dockも購入。
002_20160506134327904.jpg
こちらは同時購入を迷いませんでした。
本体をこの上に置くだけで充電され、最大駆動時間20時間、コードレス扇風機になるのです。
コードレス扇風機が、こんなに快適だとは!
そもそもメーカーの開発裏話を読んで興味を持ち、静音、微風、首フリ範囲自由設定、電気代が気にならない、などなど
基本性能の充実ぶりにひかれて高価でも購入価値ありと判断したのですが、
使い始めて満足感が日々続いています。
001_20160506132832dbf.jpg
5月の今でも、暑い日はけっこう室温が上がりますよね。
まだエアコンはつけたくないし・・・
そんなときにGreenFanのやさしく涼やかな風がしずかにしずか~に(いや、ホントについているのを忘れるほど静か!)吹いていると、とっても気持ち良いのです。
肌触りはまるで自然の風と同じです。

我が家のリビングには長毛種の犬も同居。
暑がりの彼と我々人間をまとめて快適にしてくれる優れものが来て、ほんとうにありがたいです。
エアコンフル稼働の季節になったら、首を短くしてサーキュレーターとして使う予定です。

BALMUDAは武蔵野市にあり、会社が近いというだけでなにか親しみを感じますが、
サイトも非常に見やすくわかりやすく、伝えたいことがキッチリ伝わってきますし、
オンラインストアでの買い物も、サポートが心地よく、なんらストレスがありませんでした。
限られた製品ラインナップで、しかもどれもけして安くはない。
それでも価格に見合った、あるいはそれ以上の満足感を与えてくれる企業の姿勢には
関心を持たずにいられません。


GreenFan、大切に使おうと思います。



Yuka.I


ヒバリ舎さんによるキッチン収納セミナー、開催されます!
まだお席あります
ふるってお申込みください!

14:17 | お気に入り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

たっぷり詰まってます!

新聞の下段に出ていた広告がきっかけでした。

image2_20150427135830451.jpg

おぉ、これはぜひ、手にとって開いてみたい!
切り抜きました

出かけたついでに書店へ。
ありました、ありました。

image1_20150427135828bd2.jpg

パラパラパラ・・・
即購入!


だって、

image3_201504271419177ec.jpeg


私と同じく’70年代に小学生だった女性の方々・・・!
これはほんとうにヒットな1冊ですよ!!
なつかしのサンリオキャラから、リカちゃん人形、
世界名作劇場シリーズ(ハイジ・フランダースの犬など)に、
魔女っ子メグちゃん、
ミニレディー百科シリーズ、
そして私個人的なツボといたしまして、
NHKで長く放送されていた「大草原の小さな家」
その登場人物とエピソードデータが詳細に載っていること
子ども時代に夢中になったあれやこれやがたっぷりと詰まった1冊です。
胸の内にあった思い出が、可視化されて手元にある感じ

image7.jpg
image4_20150427135833211.jpg
image6_201504271358348fb.jpg
image5_201504271403131ef.jpg

昭和テイスト満載で癒されます。
いけませんかねぇ・・・昔をなつかしんで、当時の空気に浸ること。
書店でレジに持っていくとき、ちょっとばかり気恥かしかったですが、
キティもキキララもマイメロディも、いまだに生きていますからねぇ。
ハイジもCMで活躍中。
今の時代のものも、いつかこんなふうにまとめられるのかな?
それらはここまで郷愁の念を抱かせるものかどうか・・・
まぁともかく、同年代の女性のみなさま、
いちど手にとってみてくださいね!
くれぐれも書店では静かに盛り上がってくださいね

 
Yuka.I
 
 

  - - -   - - -   - - - 

 ★キッチン収納セミナー★ 

 日時:5月16日(土) 10:00~12:00
 場所:マスターアート 1Fサロン
 先着6名様  無料

 詳細、お問い合わせ、申し込みはHPから、または
 フリーダイヤル 0120-150-255までどうぞ!

  - - -   - - -   - - - 




11:59 | お気に入り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初メガネの話

き、きのうと打って変わって冷え込んでおります
これから来月にかけてが、寒さの底、でしょうかね・・・

昨年の話になりますが、晩秋の誕生日ころに、
ついに老眼鏡をつくりました!
もともと視力のいいわたし。
ずーっと1.5をキープしてきましたが、そういうひとはやはり、
老眼が早くやってくるのですね。
早くったって、もうそろそろアラフィフですからね、、、

メガネに無縁だった者としては
人生初メガネにこだわりたい、気合入れて選びたい!ということで、
めぐり合ったのがこちらのお店

IKARAさん①

吉祥寺はサンロードに昨年オープンしたばかりのGLASSTORY IKARAさん。
お店をつくっているときから、なに屋さんができるのかなぁ・・とサンロードに行くたびチラ見していましたが
さっそく自分が老眼鏡をこちらでオーダーすることになるとは、、です。

<決め手>
一、ふらりと立ち寄り、ぐるりと品揃えを見ると、惹かれるデザインのものが多かった
二、店長の菅原さんの接客が感じ良かった
三、地元のお店でつくろうと思った(それまでは雑誌で知った銀座の某メガネ店に見に行こうとか思ってたことも)


お店の2階が視力などを検査するスペースになっており、
眼科以上に細かくたっぷりといろいろな検査をしてくれて、
自分の眼のことを「へー、そうなんだ」と知ることもでき、
なんとなく得した?気分。
検査のあと、1階に降りてきて、どのデザインのフレームにするかを選びました。

IKARAさん②

たーくさんあって、迷います!
いいなと思うものがそんなに見当たらなければ話は早いのですが、
逆なので困るのです。
このIKARAさん、「提案型メガネ専門店」というコンセプト通り、
私の顔に合うものを積極的に提案してくださいます。
私が手に取るもの=気に入ったもののテイストに近くて、
それ以上にこっちは似合うかも、という一点を勧めてくださるのです。
導かれ、たどりついたのがこのシリーズ

BEVEL.jpg

BEVEL
デザインアメリカ、製造日本のブランドだそうで
ビル・ゲイツやマイケル・ジャクソンも顧客なんだとか
フォー!
フレームの外側と内側でカラーが異なるバイカラーデザインが多く、
正面から見たらアズキ色、横を向くとスカイブルーがちらっと見えるこれに決めました!

my grass

チタンなので掛け心地は軽いです。
まだ使用して2ヵ月ほどですが、仕事で図面を描くとき、
カタログの細かい字を読むとき、
大活躍でございます!
大満足でございます!
菅原店長はじめ、IKARAのみなさま、その節はお世話になりました。
今後、老眼は進行すると思いますので、どうか末長く面倒見てくださいませ。

IKARAさん③


Yuka.I
16:55 | お気に入り | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

すきなものはいつまでもすき

師走に入って早10日過ぎ・・・
今年の手帳の最初のページに書いたいくつかの目標を見直してみたらば・・・
一個もクリアできてないやん!!!!!
(けして高い目標ではないのですが・・・・・・・


来年の手帳には目標を書かないでスタートを切ろう、
そう決意したのでした。


さて、1970年代にこども時代を過ごした私ですが
この仕事をしていなければ、していたと思われるのが
絵本関連の仕事
小学校高学年のころには絵本作家になりたいなと思っていたことも。
今も絵本の古本屋さんに入り浸るのは大好きですし
図書館でもなつかしい絵本がないかと探してしまいます。
そこで、、、
こども時代に影響を受けた絵本10選をご紹介

白雪姫と七人の小人たち
まずはこちら。
「白雪姫と七人の小人たち」 
グリム再話 ナンシー・エコーム・バーカート絵 八木田宣子訳 富山房
言わずと知れた物語ですが、絵の描写、表現力にこども心に圧倒され隅々まで飽きずに眺めた思い出が。
ちょっぴり不気味なラストシーンも忘れられません。
しろいうさぎとくろいうさぎ
「しろいうさぎとくろいうさぎ」
ガース・ウィリアムズ作・絵 まつおかきょうこ訳 福音館書店
これは母が読み聞かせてくれた思い出があります。
結婚ていいな、なんてフワリ憧れたりしました。
かたあしだちょうのエルフ
「かたあしだちょうのエルフ」
おのきがく作・絵 ポプラ社
デフォルメされていない動物たちを版画で表現しているこの絵本は
ストーリー自体、なんとも胸に迫るものがありまして
自己犠牲という観念にはじめて触れた絵本かもしれません。
エルフが一本の木になるラストが衝撃的すぎます。。。
わたしのおふねマギーB
「わたしのおふねマギーB」
アイリーン・ハース作・絵 うちだりさこ訳 福音館書店
アイリーン・ハースも様々な美しい絵本を書いていますが
この絵本は小学生のころ、年下の友達が小脇に抱えていたのを見かけ
その表紙の美しさに心奪われて図書館に借りに走ったのが出逢いです。
娘達が生まれてから古本屋で手に入れ、いまや彼女たちの10選にも必ず入る一冊です。
主人公マーガレットが船のキッチンで作るおいしそうなお料理にとろけそうになります。
まりーちゃんとひつじ
「まりーちゃんとひつじ」
フランソワーズ作・絵 与田準一訳 岩波書店
小ぶりな岩波の子どもの本シリーズもだいすきでした。
この本も、母に何度も読んでとせがんだ一冊。
繰り返される文章がこどもの耳には心地いいのですが、大人はたいへんだったかも・・・
まりーちゃんの大親友、ひつじの“ぱたぽん”がいい味出しています。
まりーちゃんシリーズはほかにも数冊あって、あひるの“までろん”が登場したり、
印象的なネーミングがハマりポイントでもありました。
はじめてのおるすばん
「はじめてのおるすばん」
しみずみちを作 山本まつ子絵 岩崎書店
3歳?のみほちゃんがはじめてひとりでおるすばん。
幼児のスリルに満ちた心境を丁寧に描いていて、いっしょになってドキドキ・・・
ママがおみやげに買ってきてくれたプリンを食べるときのみほちゃんの笑顔にほっとし
かならずプリンが食べたくなるのでした。
ラ・タ・タ・タム
「ラ・タ・タ・タム -ちいさな機関車のふしぎな物語-」
ペーター・ニクル作 ビネッテ・シュレーダー絵 矢川澄子訳 岩波書店
これは表紙から受けるふしぎ感に惹かれて図書館で借りた一冊。
ストーリーそのものよりもシュレーダーの絵を眺めるのがすきで、画集のような印象で心に残っています。
ふしぎさを引き立てるタイトルは、機関車の走る音なのです。
どろんこハリー
「どろんこハリー」
ジーン・ジオン作 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 わたなべしげお訳 福音館書店
限られた色数の絵は、こどもが安心して楽しめるやわらかいタッチで
ハリーを囲む一家もほのぼのファミリーで、結末がわかっていても何度も読みたくなるようなお話。
シリーズで「うみべのハリー」もたのしいです。
スザンナのお人形
「スザンナのお人形/ビロードうさぎ」
マジョリー・ビアンコ作 高野三三男絵 石井桃子訳 岩波書店
こちらもまりーちゃんシリーズのある岩波の子どもの本から。
名訳者、石井桃子さんの文章と、外国のお話なのに日本情緒あふれる画風・・・
深い教訓がやさしく盛り込まれたほんとうに深イ~忘れがたき一冊。
2編のお話が入っていてどちらもだいすきでした。
自分の人形やぬいぐるみにスリスリしたくなったものです。
ぎんいろのクリスマスツリー
「ぎんいろのクリスマスツリー」
パット・ハッチンス作・絵 わたなべしげお訳 偕成社
最後はクリスマスにまつわるこの絵本。
独特の絵はなんとも外国風で、輸入菓子を食べるときのような高揚感を覚えました。
登場する動物たちのなんともいえない品の良さもひとつの味わい。
これも大人になってから古本屋で再会して迷わず購入、娘達も読み継いでいます。


すみません・・・自己満だとわかっていても、好きな世界のことは語りたくなるんですよね・・・
ご静聴ありがとうございました!
お子様のクリスマスプレゼントに、いついつまでも心に残る、良質な絵本はいかがですか?



Yuka.I
 
10:00 | お気に入り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑