リフォーム工事あれやこれや

気づけば9月もあと10日を切っておりました
諸々工事は進んでいるのですが、レポートしきれず

先月末、木造戸建のお客様のトイレ改修のお仕事をご用命いただきました。
和室と同じ、柱が見えている「真壁造り」で壁の下の方にタイルがあしらわれている、数十年前によくあったお手洗いです。
当初の便器は隅付けタンク。
IMG_0774.jpg
床のタイルも、繊維壁も、なんとも懐かしいテイストですね。
なにしろ和な空間です。

さて、トイレは日に何度も使う空間。
リフォームは時間との勝負です。
壁を解体して洋室の「大壁造り」に作り直していると、狭い部屋ながら大工工事だけで数日かかってしまいます。
このお宅にはトイレがひとつだけですので、いただける工期は最大でも二日間・・・。
既存の壁も床も残しつつ、きれいなトイレに生まれ変わらせる方法を考えます。
IMG_1120.jpg
壁はタイル部分を残し、繊維壁の上からベニヤを張ることに。極力狭くしたくないので。
IMG_1124.jpg
床はタイルの目地を下地調整材で埋めてフラットに。
IMG_1137.jpg
内装屋さんに壁と天井のクロス、床のクッションフロアシートを張ってもらったら、
設備屋さんに便器の取付をしてもらいます。
タンクの給水配管位置を変えなくても(配管をやり替えるということは壁を壊すことになって大がかりなので)交換可能な便器セットを機種選定時に選びます。
隅付けタンクからの交換には写真の専用部材が必要です。
IMG_1143.jpg
途中、電気屋さんにも来てもらって、ウォシュレット用のコンセントや、老朽化していた換気扇も交換。
露出していた配線も壁の中に隠蔽してもらってスッキリ。
IMG_1264.jpg
ベニヤを張っても部屋の四隅にわずかに残る柱は白くペイントして完成!!
このひと手間が空間の印象をガラリと変えるのです!
小さな部屋に、二日で4業種の職人が入り、和調から明るく清潔感あふれるトイレ空間に変身しました

設備屋さんによれば、既存便器を取り外したとき、
「よく今まで水漏れしていなかったな・・・」という状態だったそうです。
これで安心。

進行中のマンションリフォームについては、またあらためてご報告します!


Yuka.I








11:09 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マンションリフォーム進行中!

8月も残すところ1週間となりました
日々熱戦が繰り広げられた高校野球も終わりましたね。
球児たちが試合の後、抱き合ったり握手したりして
互いの健闘を称えあう姿に、毎度じーんとします。
何人かはプロ入りしていずれ女子アナと結婚するんだろうな・・・
なんてこと想像しちゃイケマセン
しかしまぁ今年は、天候の揺さぶりが激しすぎて
季節の移り変わりを感じるどころではありませんよね・・・

暑い日はまだまだ続きそうです。
みなさまくれぐれもお体ご自愛くださいね。

弊社の現場でも、連日職方が汗を流しております。
築35年超ながら、地下鉄の駅からも近く、周辺は緑の多い閑静な住宅街。
環境・管理ともに申し分のない中古マンションを購入されたJ様よりリフォームをご依頼いただきました。
今月初旬より着工し、途中お盆休みを挟んで進行中です。

今回はスケルトンリフォームではありませんが、水廻り設備はすべて交換、
配管も更新し、間取り変更を含む大規模リフォームです。
j 069
こんな感じにバルコニー側は二部屋に仕切られていましたが
IMG_0806.jpg
壁を解体してひとつの空間に。

IMG_0814.jpg
運び出される電気温水器さん。今までお疲れさまでした。

IMG_4729.jpg
角部屋なので二方向からの採光があります。

IMG_0913.jpg
解体後、設備機器ではいの一番に登場するシステムバス。
猛暑の中での作業のため、大型扇風機が持ち込まれていました。
水分塩分補給も忘れずに。

P8180126.jpg
大工さんが間仕切りの間柱を立て、だんだん壁ができていきます。

暑い中、それぞれの腕をふるう熱き職人たち。
まだお若い施主様にとって、はじめて手に入れる唯一無二の住まい。
理想の空間に仕上げるべく、鋭意がんばってまいります!



Yuka.I








16:02 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

リフォームを計画ごと家族で楽しむ!

いよいよ本格的な雨のシーズン到来ですね

からりとした晴れの多かった5月末に施工したY様邸のご紹介です。

きっかけはトイレの便器交換。
数年前に築浅のマンションを購入された時、交換したいな…と思いつつ
まだ新しかったのでそのままだったトイレ。
機が熟し、ご家族でTOTOショールームに行かれました。


そして選ばれたのが、TOTOが最新技術の粋を集めて開発したコチラ
pht_mv_toilet_01_201706141352566f5.jpg

今回はせっかく満を持してのリフォームでしたから、設備はもちろんのこと
内装もこだわって「トイレ空間をホテルのようなくつろげる空間にしたい!」
というご要望でした。

合わせて洗面脱衣室の内装も変えること、
ちょっぴり不便さを感じていた洗面の物干しや収納についても
ご相談いただきました

おまかせください!と腕まくりです(笑)
プチ改善で生活がぐっと快適になる、そんなことを考えるのが大好きです。
いろいろと考えさせていただきました!



BEFORE
119_20170614161136cdb.jpg



AFTER
021_201706141610275d9.jpg

以前は便器のタンク上で手を洗う形でしたが、手前にコンパクトな手洗いを設置。
それにより便器がタンクレスとなったので空間もすっきり。

別の場所に手洗いを設けるには大掛かりな配管工事が必要なのですが
こちらは元の給水、排水配管を利用しているので大丈夫なんです。
カウンターの下に白い四角い管が走っているのが見えますか?
この中をお水が通っているんですね。


自動でフタが開く機能がついているので、ドアをあけると
「いらっしゃいませ~」とウェルカムな雰囲気に。
017_201706141610250d4.jpg



もうひとつのウェルカム機能がこちら。
人感センサー
トイレの照明(ダウンライト)を人感センサー付きに交換しました。
ドアを開けるだけで照明が付き、トイレから人が居なくなれば
1分で自動で消えます。



そして向って右一面に張られているのはLIXILのエコカラットプラス
約300㎜角のタイルですが、表面にナノサイズ(一㎜の百万分の一)の
孔がたくさん開いていて、室内の湿気や臭いを吸収する効果があります。

湿気が少ないときには放出するので、珪藻土のように調湿機能があります。
ちなみに吸い込まれたニオイはといえば、ドアの開閉の際などにゆるやかに
放出され、臭いは低減された状態が続きます。

当初はグレーを基調としたシックな内装をイメージされていましたが
他のお部屋や既存の吊戸のベージュ色とのバランスから、ベージュ色を
選ばれました。
main_201706141530382cb.jpg

main2.jpg

床は大理石調のフロアータイル、のこる3面の壁はオフホワイト系のクロス。
横目地が入っていて、角度によって光る抑え目のラメが上品なのです。

ちなみにY様邸はマンションでありながらもメゾネット式でトイレが2ヶ所に
ある間取りでしたので、数日の工事となりました。
通常はトイレを使えない日数を最小にするべくご提案させていただきます



お次は洗面脱衣室。

BEFORE
124_20170614160914a9b.jpg
無地の壁、ベージュの床のシンプルな空間でしたが、前の居住者さん取付けの
タオル掛けがはずれて壁下地が見えているところもありました。

また奥に見えているのは、洗濯物をかけるためのつっぱり棒。
洗濯機の上もつっぱりタイプの棚で収納を増やしていました。

livingut_4977612200752.jpg
*画像はおかりしています

壁を傷めずに収納力をアップできる便利グッズですよね!でも…
たま~に重みに耐えられなくなってパイプごとドサっと落ちてきたり、
棚板もパイプ状なのでピンチがひっかかってしまったり、物が落ちたり。
その度にプチイラっとしたり、無意識に使わなくなることもあります

そこで…


AFTER
005_20170614161334d37.jpg


洗濯機の上は可動棚に。
ワンアクションでモノが取れるゴールデンゾーンです
もしも将来独立型の乾燥機を置きたい…なんて時もこれなら対応できます。
007_201706141629217fb.jpg


物干し問題はこちらでクリア。
天井付けの物干し金物、ホスクリーンです。
使わない時はバーが天井に収納されています
008_20170614162922386.jpg

使う時はバーを下ろします。
010_201706141629230d4.jpg

操作はバーでくるくると。バーを掛ける場所もあります。
011_20170614162925041.jpg 


写真だと分かりづらいのですが、壁紙はやさしいグリーンの葉模様。
お部屋が爽やかに明るくなりました!
今回は各所にきちんと壁下地も入れましたのでご安心下さい。
013_201706141629285de.jpg


Y様はご夫妻とお子さまが2人の4人家族。
今回とても新鮮だったのが、Y様邸では内装を決めるときにお子様を含めた
全員で家族会議をされること。

夜更けまでご夫婦でサンプルを囲んだり、お子様ひとりひとりの意見を
取りあげ、盛り上がっていただけたそうです。
そんな風に参加させてもらえたら「自分の家」への愛着が湧きますよね!

ちなみに洗面室の壁は小学生の娘さんのセレクト。
シックな方向で考えていましたが、娘さんの直感で決めたこの柄をみんなが
気に入り、「リフォームした」感もアップして結果大正解でした。
息子さんは保育園から帰って職人さんの仕事を見るのを楽しみにしてくれました。

お住まいになりながらの工事は、お客様にとって少なからず大変な部分も
あったと思いますが、皆様にご協力頂いて滞りなく完了出来ました。

工事後に
「今日は帰っても職人さんが居ないのかと思うと淋しく感じる」
「ドアを閉めたあとにも仕事してくれているトイレの音が可愛い」
などY様ならではの味わい方をしているのをお聞きして、
リフォームを計画から丸ごと楽しむ!
という新たなジャンルの可能性を感じた私でした。


Y様、これからもご家族で仲良く楽しく、水まわり空間をお使い下さいね。
今回はご協力本当にありがとうございました!


Naomi.A
17:39 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レトロアパート改修

連休が明けて一週間・・・
相変わらず気温の変化が激しい日々ですが、みなさま体調は崩されてないですか?

先週から始まった築60年のレトロなアパートの改修。
数年先には建替えが予定されているのですが、
オーナー様が海外からご帰国されるお嬢様ご一家の一時的なお住まいとして、
お手入れを弊社にご依頼くださいました。

内容は室内枠廻りや建具の塗装、クロスの張替、襖、障子の張替、
瞬間湯沸かし器やウォシュレット交換、ガステーブルの交換などなど。
IMG_4493.jpg
塗装屋さんから作業開始。
IMG_4494.jpg
部屋と廊下の間になんとも言えない欄間があります。
細竹が一本あしらわれています。


IMG_4495.jpg
塗装屋さんの次はクロス屋さん。
ペンキ仕上の壁の上からクロスが張られていたので
下地処理が少々大変です。
床は居室はすべて畳なので見えているのは畳の下の荒床です。


昭和30年、高度成長期の初期に建てられた、鉄筋コンクリート造4階建て(エレベーターはなし)。
当初は弁護士や官僚が住んだ高級集合住宅だったそうです。
表通りから少し引っ込んだ、緑に囲まれた場所に静かに佇んでおり、とても雰囲気があります。

中古マンションを手掛けてきた弊社でも、築60年の建物はたいへんめずらしいです。
海外暮らしの長かったご家族にとって、昭和の空気あふれる住空間は懐かしいと感じられるのか、新鮮に感じられるのか・・・
一時のお住まいであっても、クセになっちゃうかもしれませんね


Yuka.I




15:17 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

桃の節句

久しぶりに雨が降った翌日、桃の節句でございます。
今日は小春日和って感じですね。
花粉がけっこう飛んでいるそうです

1月半ばに着工したM様邸が、先日お引渡しとなりました。
もとは奥様のご実家でもあった築40年超のマンション。
ご両親様から大切に引き継がれ、リフォームして新しい一歩を踏み出されます。
そんな場面のお手伝いをさせていただけたことを、心から感謝いたします。

間取りの変更はないものの、ユニットバス、キッチン、洗面・トイレなど設備機器の総取替え、室内にあった給湯器もバルコニーに出し、追い焚き機能をつけました。
↓キッチンからの眺めbefore
before1.jpg
↓after
after1.jpg

壁の一部をオープンにしただけで見通しがよくなり、明るいキッチンになりました。

↓反対側から・・・before
before2.jpg
↓after:白いシステム家具は圧迫感なく収納力抜群!
after2.jpg

↓廊下からリビング入口ドア方面の眺めです。
m 038
左手はトイレのドア、その向こうは玄関収納の袖壁を利用して、荷物を受け取る際のハンコなどをちょこっと置ける棚と、スリッパラックを設けました。
右手は玄関正面のニッチです。

ドアを含め、全体的に白をベースカラーにしたので、家具やファブリックがどんな色でも合わせやすいと思います。

季節は春へ・・・
M様ご一家の新生活が、たのしく安らぎに満ちたものになりますように


Yuka.I


15:57 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑