ブルーベリー畑が臨めます

今月初めにお引渡しさせていただきましたM様邸は、
緑の多い住宅街にある築25年の低層マンションです。

幼稚園や小学校もご近所で、マンションの周辺には子どもの姿も多く、静かな住宅街なのに活気もある、そんなエリアです。
近くの賃貸住宅にお住まいだったM様が、お嬢さまの学校のお友達も住んでいるこのマンションのご購入を決められ、
内装と設備機器交換のリフォーム工事をご依頼いただきました。
IMG_2256.jpg
キッチンはダイニング側を向いた対面型レイアウトではないものの、あいだにカウンターがついていて対面キッチン”風”になっていました。
でも、このカウンターが案外ジャマ・・・
M様もここに魅力を感じていたわけではないので、キッチンも交換することだし取ってしまおう!ということに。

After↓
DSC_0043.jpg
あらスッキリ

Before↓
IMG_2269.jpg
After↓
DSC_0048.jpg

システムキッチンはクリナップのラクエラです。
ご夫妻といっしょに2メーカーのショールームへ行って、細かな点を比較して決めました。
とても興味深そうに楽しそうに見学してくださったのが印象的でした。
DSC_0064_201806151613020bd.jpg
奥様のお好きなカラーが、ブルー系、グレー(シルバー)系、ホワイト系だったので、
室内はとてもまとまりのあるカラーコーディネートとなりました。

LD隣はたっぷりした押入もある6畳の和室。
IMG_2253.jpg
間仕切りは2枚の襖が和室側に引き込まれ、開けておくと全開口となるのですが、
この木部の色がLD側に見えているのが残念ポイント・・・
LDの床色が既存のままならまだしも、明るいアッシュ系にしたのでなおさらどうにかしたい!
そこで、
DSC_0056_201806151537362f5.jpg
白くペイントして周囲と同化させました
間仕切りの襖も白い板戸にしたので閉めてもLD側に和の要素が出てくることはありません。

出窓カウンターは濃い茶色からシートを張ってホワイトに変身させ、アクセントクロスに選んだのはお嬢さまのご所望だった
「黒板クロス」です。
DSC_0050_20180615153741b14.jpg
深みのある、私もだいすきな紺青。
お嬢さまが可愛らしいイラストを描いたら、いっぺんにアーティスティックな空間になりそうです!
和室もおなじ面に(黒板クロスではないですが)スモーキーなブルーのアクセントクロスを張り、隣り合ったLDと連続性が生まれました。畳縁も同色コーディネートです!

IMG_2279.jpg
洗面化粧台も、当時の定番、シャンプードレッサーでしたが、
DSC_0077_20180615164542dc1.jpg
Panasonicのシーラインのフロートタイプ+IKEAのミラー+レトロブラケットランプでオリジナリティを
バスルームは必要以上のスペックは潔く省き、シンプルデザインのシリーズをチョイスしました。

M様邸の出窓から見下ろすはブルーベリーの木々。
そういえば、クロスの色味はブルーベリーの色にも見えますね!
お好きな色を取り入れて、住まいづくりを楽しんでいただけたならこんなにうれしいことはありません。
M様、ありがとうございました。


Yuka.I
17:26 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

黒が差し色!インテリアのトレンド

先日、幕張メッセで行なわれたTOTO、DAIKEN、YKKさん主催のイベントに
イケタニと共に行ってきました!

この夏に新発売となる商品のお披露目をかねた展示会です。
64B4E11A-0A05-47A6-AD9D-5564946A56E2.jpg

題して「十人十家」じゅうにんといえ  ~くらしの想いをわたしらしく~

ということで、10人いれば暮らし方も10通り。
ファミリー、二世帯、子供が巣立った世帯…

さまざまな家族のさまざまなシーンを再現したブースがなかなか楽しく
インテリアのトレンドも伝わってきましたので、ご紹介したいと思います!


「子育てパパママの家族時間」より
3232E993-D598-4669-8C2B-6352D6351991.jpg

リビングに向いたキッチンの裏側を、黒板クロスとブックシェルフで味付け!

黒板クロスはサンゲツさんの製品で、チョークで書いて消せる壁紙です。
人気の続く黒板塗装ですが、クロスでお手軽に叶えられるのはいいですね

「ここなら思いっきりイタズラ書きOK!」だったり、家族の伝言板にしたり
可能性が広がりますね。下に鋼板をしこんでマグネットを使えるようにするのも
おススメです。

ブックシェルフはマスターアートでも I様邸 で造りました。
_MG_0017.jpg

大掛かりではない(=コストが大きくない)けれど、アクセントになって機能も
兼ねられる、そんな工夫です。


キッチン背面の収納はこんな感じ。薄いカウンターだけれど、調べものをしたり
子供の宿題を見たり、便利に使えそうですね。
82E682CC-63D7-4927-86D0-36408084E246.jpg

そのままベランダ側へ移動するとこんな感じ。
5E165A04-182F-4AF2-BFB6-B4C3E7AF8764_20180523134722916.jpg

マンションの中ですが、室内テラスを造っちゃおう!という提案。
グリーンをたくさん並べたり、自転車を飾りながら置いたり
(私なら物干し場にしてしまいそうですけど)これも楽しみが広がります。

少し前はオーダーで造るしかなかったこんな室内サッシ。
オーダーよりお手ごろ価格でメーカーさんが出してくれるようになりました。




他には「ネコと本とひだまりと」
5F7D0434-1CB4-4FD6-9164-8165A00D7FFB.jpg

ネコちゃんに優しい床材、においや鳴き声を軽減する内装。
7BC937E5-3F1E-4021-B890-FFE29118FFB2.jpg

ねこステップや、ねこが自由に出入りできるドアなど。
違和感なく愛猫の運動不足解消ができるインテリアグッズ、増えてます
100340a001.jpg




こちらは戸建てとしての展示でしたが、マンションでも可能性は十分あり!
玄関に隣接した土間の空間に、機能的な収納棚を配しています。
8BBD1524-6D7D-4654-AC14-3936E8C41342.jpg

キャンプがお好きだったり、お子さんがスポーツをしていると
汚れ物を室内に入れること、躊躇してしまいますね。
こんな空間があれば、出すのもしまうのもサッと出来てメンテナンスも楽!
(私なら宅配食材の箱やら水の買い置きやらの場所になりますね~



ほかにも全部で10軒分の展示があり、見ごたえがありましたよ。
ひととおり見て思ったのが、「黒が印象的に使われている」ということ。

ここ何年かの男前(インダストリアル、とも言われます)インテリアの流れから
キッチンやドアの取手、棚受けの金物、サッシなど。
あえて空間が締まる黒を使うインテリアが人気です。

キッチンも
E95C0992-7964-426D-8655-9B5B15790930.jpg

お風呂も
0B8C011D-20DE-4172-A490-3F12E072A4A9.jpg

エアコンも!
B23E18ED-C09B-401D-8101-209BFDB8C67A.jpg

エアコンはダイキンのrisoraという製品。
せっかく室内はシンプルに造っても、エアコンが残念…ってことありましたよね。

そんな方におすすめのシンプルな形のエアコンです。
スタイリッシュな色揃えに加えて、厚さたったの18㎝!
こんなエアコン欲しかった!という方も多いのでは…
エアコン専門メーカーのダイキン製なので機能面でも安心です。


新商品のお披露目でしたが「空間」としての使い方に目が行ってしまいました。
(また機会があれば製品のレポートもしたいと思います!)

2018年は色々なメーカーさんが製品をリモデルされています。
私たちも吸収しながら、おすすめ製品に目を光らせておきたいと思います!


Naomi.A


11:51 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

風は緑いろ

5月は緑がさえざえとして美しい季節ですが、春の疲れもたまりやすいですよね・・
先月から新生活を始めた方も、慣れてきた頃こそリラックスタイムを意識的にとって、ストレスをためないようにしてくださいね。

N様邸は途中経過のリポ不足ですが、先日完成いたしましたのでAfter写真を。
DSC_0013.jpg
対面レイアウトはそのままに、すこしダイニングの方へ進出させたキッチン。
IMG_2006.jpg
キッチンへの出入り口が狭かったのです。。。(↑Before)
DSC_0031.jpg
入口も広がり、動線も改善され、キッチンや内装をホワイトを基調にした効果ですっきり清潔感のある空間になりました。
システムキッチンはTOTOのTHE CRASSO。
DSC_0014.jpg
DSC_0034_201805211438406d4.jpg
和室から洋室に変更した隣の部屋とは3枚連動引き戸で仕切りました。
戸襖だったリフォーム前より、開口部も高くなったのでより開放感が生まれました。
採光2面なので、本当に明るいです。

IMG_2013.jpg
間口の狭かった居室のクローゼットも・・・
DSC_0015_201805211454108d9.jpg
可動棚とハンガーパイプで構成し、収納量をアップ。

DSC_0021_20180521145603442.jpg
もともとデザインをお気に召してはいなかったリビングの既存ドアですが、フローリングの色をあかるくしたことでマイルドに見えるようになりました。
残すか、交換するかでお悩みでしたが、輸入品の立派なドアでもったいなかったのでした。
床色とも違和感なくなじんでいますね。

N様、たいへんお世話になりました
これからN様色を加えていきながら、よりいっそう心地いいお住まいにしてくださいね。



Yuka.I



15:17 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

進行中!

今年はお花見の時期にきちんと満開の桜をたのしめた感がありましたね。
木々は若葉が輝きだし、新緑の季節へまっしぐら。
新入生、新社会人・・・新生活をスタートした方々はリズムをつかんで慣れるまではなにかと大変だと思いますが、ひとつでも「タノシイ」と感じることを見つけて、リラックスタイムもお忘れなく



さて、N様邸リフォーム工事が先週から始まり、進行中です。
築15年のマンションをご購入され、一部間取りの変更と設備機器の交換、内装リフォームをご用命いただきました。
N様があまり好きではないデザインの扉を交換するかどうかや、床暖房をやりかえるかどうかなど、このタイミングでどこまで、どこにコストをかけてリフォームするか、数年先のことまで考えつつ計画を練るお打合せを重ねました。
IMG_2001.jpg
狭かったキッチンの出入り口を広げるべく、
IMG_2676.jpg
対面型のレイアウトはそのままに、LD空間へキッチンを進出させます。
IMG_2741.jpg
リビング隣の和室もフローリングを貼って洋室に。上吊り引き戸で仕切ることもできるように。
IMG_2692.jpg
採光2方向のため明るくて広いLD空間になりそうです。

給湯器は最近交換されたもののためそのまま使用しますが、温水式床暖房パネルは15年使った初代のものでしたから、この機会に交換することにしました。
この年代のマンションは東京ガスのTESシステム(給湯+床暖房+浴室暖房乾燥換気をまかなう)が採用されていることが多く、リフォームをする際には考慮しなければならないことが少なからずあります。

完成までおよそ3週間。
N様ご家族の新しい生活のステージを、大切に仕上げていきたいと思います。


Yuka.I




11:43 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

キッチンメーカー、どのように決めますか?②

オープンな対面キッチンが人気ですが、独立キッチンも根強い人気があります。
その理由は、収納をたっぷり取れること!
一番使いやすい高さ(目の前)にモノをしまえることは大きいです。
いつも収納セミナーをお願いしているヒバリ舎の内山ミエさんも、吊戸のあるキッチンが好みとおっしゃってました。


               


さて、M様邸もダイニングに隣接した独立キッチンです。
お料理が好きなM様は、20年ほど前にキッチンリフォームをされていました。
IMG_1338.jpg

ガスオーブン、あえて左端にした食洗機、通常よりも背の高い吊戸。
壁面にハンガーバーを取り付けて、レードルやキッチンペーパー、調味料などすぐ手に取れるところにスタンバイ!
そんなこだわりのキッチンの中でも奥様のお気に入りは、壁のタイル。
素焼き風で一枚ずつ表情が違い、フルーツや野菜の柄がとても素敵でした。

今回キッチンを変えることになったのは、排水からの水漏れでした。
でも大学受験を控えたお子様がいるM様。
はじめは補修で済むようにしたかったのですが、部品はすでに廃盤。
漏水のあるシンクだけの交換は出来ないので、キッチンごと交換しなければならない…という経緯でした。

ということで、今回は

① お気に入りのタイルを生かす

② 工期を短く & 工事の負担を軽くする

この2つがM様がご満足いただけるポイントである!と思いました。


さて、前回も書きましたが、キッチンメーカーってたくさんあるんです
その上ひとつのメーカーにも2~4種類のグレードに応じたシリーズがあり、それぞれ出来ること、出来ないことが違うわけです。お値段も違います。
D6AB550B-6DEF-456F-BCE8-61A84E660C44_20180326105058381.jpg
配管やフードのつなぎなど、たくさんの制約の中から適したものをお客様が判断することは難しいものです。

私たちにとっても簡単ではありません。
だからひと現場ずつ条件を確認して、お客様の望みをスタートとして心に置いて、セレクトします。

一応現場をみて可否を確認して、このメーカーだと安いから!お洒落だから!
ここから好きな色柄を選んで!はい決定!
ではありません。


M様邸ではもともとTOTOのキッチンをお使いでした。
でも現在TOTOのTHEクラッソはバックガードがありません。
カウンター

バックガードってこれです
天板の奥にある立ち上がり。
img7.jpg



クラッソは天板が薄い上にバックガードがないから、繊細でスタイリッシュな雰囲気で人気です。
(前回のE様邸も見てくださいね!)

でもM様邸の新しいキッチンにはバックガードが必要です。
それはタイルを生かしたいから!

キッチンを交換したときに、タイルが張られていない部分が出ては困ります。
そんなこんなを加味して、今回おススメして採用されたのはLIXILのアレスタでした。
*TOTOにバックガード付きのシリーズもありますが、諸条件で今回はこちらに。
必要十分な機能を満たしつつ、お値段も高すぎない。
本来なら補修でと考えていた交換の場合、金額が張りすぎないことも大事な要素です。



それでは出来上がったキッチンを見ていただきます


【AFTER】
吊戸はホワイト、本体は紺色。爽やかなツートンカラーにしました。
417E5AF7-2BA0-41A3-A8D0-E5CB73037884.jpg

壁はもともとのタイルだけでなく、キッチンパネルを貼っています。
今回、タイルを生かしつつ工期も短くするために編み出した(大げさですけど…)方法です。
B9F8E2BD-9D6C-4505-9348-6345BF0E2836.jpg

タイルをはがすと、大きな音が出て、工期が長くなり、ゴミも出でます。
ですのでサイズに余裕があるなら、古いタイルの上からキッチンパネルを貼ることはベーシックな方法です。
でも今回はM様お気に入りのタイルを見せたかった…
そこで、素敵な柄の入ったタイル部分を帯のように残して、上下にキッチンパネルを貼りました。
D229115D-BB69-4E6B-9A59-0ABEB194FAA8.jpg

私も初めてでしたが、お客様の希望を満たすためにこの方法を選びました。
工事方法も検討し、結果的には1週間ほどいただくこともある工事を4日で終えることが出来ました。

工事中も、生活への影響がなるべく小さくなるように工程を細かくお知らせし、
冷蔵庫や家電を使えるように移動したり。

まだ受験シーズンに突入する前ではありましたが
M様が心に余裕を持って工事に向うことができ、
それにより息子さんへの負担が減り、
水漏れの心配のない新しいキッチンになり、
お気に入りのタイルは変わらず眺めることができて
…喜んでいただけたなら幸いです!

そのためには、やっぱりコミュニケーションが大切だな、と思います。
今回もM様が食べることを大切にしていること、受験生である息子さんへの心遣いが伝わってきたからこそ、何とかしたい!と思えました。

お客様が何を感じて、何を求められているのか、自分の力だけでは察することが難しいこともあります。
ですので、「知りたいな」と思いながらお話を聞くことを大事にしつつ…
お客様からも色々な思いを伝えていただけたら、とても嬉しく思います



Naomi.A








11:03 | マンションリフォーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑