FC2ブログ

収納を考える=自由な時間をつくりたいから!

練馬区のY様邸ではリフォーム工事が順調に進んでおります。

築24年のマンション。居住していたお母様が出られてからは空き部屋となっていた所に、今はY様のお嬢様夫婦が住まれています。歴代の住人の方のリフォームを経て現在は1LDKの間取りです。
しかしご家族でお休みになっている場所がリビングの一角なので、1歳のお子様がなかなか寝付かない…というお悩みをお持ちでした。

マンションも世代を超えて住み継がれることが多くあります。
今回は若いご夫婦のためにリビングの一角に寝室となるお部屋を造作しつつ、全体的な内装を交換する工事です


 

こちらの一角に壁を足してひとつのお部屋とします。

奥に見えている収納は奥行きが浅いので、新たにお布団も入る押入れを造作します!



 

壁の骨組みが組まれ壁のボードが貼られ、ひと部屋になりました。



 

壁、天井にクロスを貼っていきます。



 

 

この部屋の中に新たに造った収納。ここに布団や洋服を収納します。



 

内部はこちら。一般的な押入れよりも奥行きをコンパクトにしてあります。

実は三つ折にした布団の奥行きは押入れの奥行きよりもずっとコンパクトなんです。

ただしクローゼットにするには奥行きが深いので…棚とパイプで工夫をする予定です。



 

 

また今回はユニットバスも交換することに。合わせて洗面脱衣室もリニューアルです。

I様の生活スタイルに合わせて収納をプラスします。



 

…と収納についつい力を入れてしまうのですが、なぜ私はそんなに収納におせっかいなのだろう?(収納以外にもおせっかい説がありますが)とあらためて考えてみました。

そして思ったことは、お客様の「自由な時間をつくりたいから」。

それは取りも直さず、私自身が個人的に思ってきたことでもあります。

自分自身が子供達が小さかった頃、果てしない育児と家事の中で「いかに楽になるか」「いかに心地よい家になるか」は大げさですが、死活問題でした。
 
いま子供達が少し成長して手が離れ、時間的な余裕が出来て思うことは、あの頃の私は整った家が欲しかったのではなく「自由な時間」が欲しかったのだということ。

柔軟にゴールを考えるのであれば、家事代行サービスを頼んでも良いですし、夫婦間で家事バランスを今一度見直すことでも良いし(大事!)、「整ってなくても大丈夫な心持になる」でも良いのかも知れません。
私はたまたま住まいの仕事をしていましたから、当時自分の生活がバタバタしている理由を眺めて「収納を見直してみよう」と思い立ちました。そして整理収納を学び、少しずつ家の中を変えていき、今はなかなか楽な家になりました。



そんなわけで、収納を工夫することでかつての私のような方が楽になるお手伝いをしたい!!と思うのです。

あふれた物を収納する場所をつくってスッキリさせることがゴールでもなく

収納を工夫することで家事の時間と労力が減ることがゴールでもなく

心地良い空間になることがゴールでもなく

それによって出来た「自由な時間」で「豊かな時間」をすごしていただくこと、がゴール。
(豊かな時間…YouTubeを見たり、子供と遊んだり、ペットともふもふしたりそんなことなのですが)

それがお客様にそうなって頂けたらと思うことだし、自分もそうありたいと思うことです。

きっとそんな気持ちを強く強く持ってらっしゃるであろうヒバリ舎さんとのコラボ企画、ただいま募集中です!

 

Naomi.A

 

 

 
16:38 | 収納 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

春にむかって収納の見直しを

先日娘が赤ん坊の頃からの友人、Iさんからお仕事のご相談をいただきました

もう10年以上前になりますが、一品持ちよっては誰かの家に集まっておしゃべり。
声をかけてくれる友人のおかげで楽しい日々でした。

その後男の子3人のママになったIさんですが、久しぶりにご自宅に伺ったら…
当時よりモノが少ない!!
5bf54ef4875480a18a3c6939de5c8cde_s.jpg
ほんとにこんな感じなのです

もともとすっきり暮らすのが上手なIさんでしたが、家族が増えているのにモノが減っているとは!?
お聞きすると、
もともとご主人さまもきれい好き。どうやったらスッキリした生活が出来るか考えて
行き着いた答えが、「モノをたくさん持たないこと」だった

とのこと。
おかげで私も段捨離スイッチが入りました

そんな感じでいつもお客様にスイッチを入れていただく私ですが
もう一方、整理収納のスイッチを入れて下さったのが、絶賛リフォーム中のK様です。
7年前に個室のクローゼットのリフォームでお声かけいただきました。
思えばその時が、マスターアートが「収納」に注力するきっかけになった気がします。
K様は、ものを捨てるのではなく、長く大切に使う方です。
大切なお手持ちの服、本などを、場所を決めて管理されていました。

今回のリフォームをきっかけに、家具での収納⇒造作家具への収納にシフトされます!

IMG_4318_20190208114557639.jpg
お使いだった家具。
ご自身で処分するのは大変ですが、リフォームの際にお声掛けいただけばお手伝いできます。

お別れする家具もありますが、ダイニングでお使いの椅子は生地の張替えのため北海道に旅立ちます


25AB3865-CC92-4C9A-876E-CF6D9C7467C0.jpg
リビングの一面に天井までの収納!
収納力の大きさもさることながら、もうひとつの効果。
すべて扉の中におさまるので、色々な大きさの家具が並ぶ凸凹感やさまざまな色が目に入らなくなります。


DE13315F-D2EB-4E58-BFAE-A03472857DA5.jpg
お嬢様のお部屋には造りつけの本棚。
寝室ですので、地震で倒れないことが大きな安心です。


物の量や持ち方は違っても、モノを大事に持ち、使う気持ちは同じ。
漠然と持っている、漠然と増えていく持ち方が一番もったいないのかも知れません。

春になれば進学、進級、就職…と環境の変わる方もいらっしゃいますね。
わが家も長女が中学進学のとき。
6年間の感謝をしながら、モノの取捨選択をする春になります


4A64C9C5-FE56-4249-A1CD-1018AC57C2F2.jpg
資料を請求してくださった方にお届けしている収納読本。
すべてマスターアートで施工した事例だけで、場所別、世代別など収納の工夫がたくさん載っています!
欲しい方はぜひお声掛けくださいね。


Naomi.A


13:28 | 収納 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

地震に強い部屋

大阪北部地震で被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

被災された方が一日も早く生活が戻るようにと願いつつ
私たちもあらためて自宅を見直すことをしたいですね。

もし今の家で大きな地震に見舞われたら?
頭の上から物が落ちてこないか
避難経路は確保できるか

と共に今回考えたいと思ったのは
「地震がおさまった後の片付けは大変ではないか」
ということ。

震災のあとも生活はつづく。
避難袋の用意や水、食料の保管とともに考えたいところです。


先日の土曜日はヒバリ舎さん×マスターアート コラボ企画
キッチン収納セミナーでした。
808F5B0E-3961-410F-9B33-76A23EFE4FDF.jpg



今回も皆さま湧き合い合いとしながらも真剣にお話を聞いてくださいました!
AE3E9405-F591-41B0-AA5C-063FD8EC4A66_2018062611103389a.jpg



コラボ企画も今年で4回目となりますが、同じキッチン収納セミナーであっても
毎回切り口が変わり、レジュメもブラッシュアップして下さるんです
7B3FCAD0-2372-491A-AC90-614BC8C36AD1.jpg

いつもながら、質疑応答でどんな質問があっても答えが「ある」ことに感動し
セミナー終了後にお昼をご一緒させて頂くんですが、お仕事に対するプロ意識と
愛情を感じます。
片付けに困っている方を助けたい気持ちの熱さ


ヒバリ舎さんのお話に触発されて、急遽事例写真を紙芝居にして
披露していたイケタニです
1DD87EBC-AA17-403F-8FB8-2FE5DFC0C0FA_201806261059505d3.jpg

毎回思いますが、収納は奥が深く…
モノの話なのに、掘っていけばココロのことにつながったり
家族との関係(コミュニケーション)につながったり
そこを抜きにして片付きませんね。


そして、地震に備える意味でも片付けはとても大切。
まずはご自身と家族の命を守るため。

そしてもし地震にあったとしても、なるべく早く普段の生活に戻れるように。
ここも大切なことだなと思います。


寝室はなるべくシンプルに
_MG_0048 (2)


そのためには別途収納を確保
_MG_0047.jpg


雑多なものを集約してしまうのも手です
DSC_0096.jpg



吊戸の扉はロック式に
_DSC3930_20180626112657c25.jpg


普段からすっきりと安心な暮らしを手に入れたいですね!
s-MG_0003.jpg


お越しいただいた皆さま、ヒバリ舎内山先生、
今回も本当にありがとうございました!


Naomi.A






11:12 | 収納 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年も!キッチンセミナー開催します

沿道のあじさいが美しいですね。

この季節になると、ここも、ここにも!と存在に気づくあじさい。
桜とともに日本人に愛されている花だなあ…と毎年思います。

さて、今年もやって参りました、ヒバリ舎 内山ミエさんによる

「キッチン収納セミナー」 を開催します。

日時は 6月16日(土)10時~

HPでの告知が遅くなってしまいましたので残席あと3です!

今回のテーマは
「家族みんなが使いやすい!出すのもしまうのも簡単なキッチン作り」です。

本当につくづく思うんです。
料理にせよ、洗濯にせよ、「主婦」がやるもの とか「主夫」がやるもの とか
そういうボーダーがなくなってきたと。
そして今後ますますなくなって行くと思われます。

誰が立つのでも構わない。
でも一番立つ人が使いやすく、たまに立つ人もどこに何があるか分かり易ければ
体調を崩してしまった時や旅行の間、はたまたホームパーティーのとき。
みんながストレスフリーになれますね。

いつも思いますが、片付けによって「すっきりした部屋」 や 「効率化」を
目差してもそれはゴールではなく、そのもうひとつ向こうにあることが
目指したいことなんですよね。

それは「好きなことをする自由な時間」ではないでしょうか。

その「時間」であなたは一人で、もしくは誰と、何をしますか

お申し込みはコチラからお願いいたします!



Naomi.A
11:02 | 収納 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

リフォーム会社、どのように決めますか?

もし自宅をリフォーム・リノベーションしたいと思ったとき、皆さまはどのように
会社を決められますか?

もし私も自分が一消費者だったらどうするでしょう…
家のことをお願するということはプライベート空間に出入りされるわけですし
それはとってもコアな部分に人を招き入れること。

インターネットで調べて調べて、口コミなどがあれば読み込んで、
センスや実例でピンと来たところに思い切って連絡するかも知れません。

または知人からの紹介というのも大きな判断材料になります。
どんな仕事をするのか分かっている安心感て大きいですよね。
マスターアートではありがたいことに、紹介だったり、お仕事をさせて
頂いたマンションの近隣の方にお声がけを頂くことも多いです。

今日はそんなS様邸のご紹介です。

               

お子様も巣立たれ、ご夫婦2人住まいのS様。
もともと同マンションにお住まいでしたが、環境がとても気に入っていたところ
お隣が売りに出たため、購入を決められました。
リノベーションして7年程度のお部屋とのことで、水廻りなどはまだ新しく
綺麗にお使いでした。

そんなわけ今回はで間取りや水廻りの設備はそのままに、必要に応じて収納や
床暖房をプラスするリフォームを行うことに。
N様邸の工事をご覧になり、お声がけ頂きました。


【BEFORE】
あまり使われていなかったという綺麗なキッチンです。こちらに…
3_20171130140234b51.jpg

【AFTER】
モザイクタイルで味つけをしました
お料理が好きな奥さまが、キッチンに立つのが楽しくなりますように…
6_20171130140521a71.jpg



【BEFORE】 キッチンの背面はやや変形。収納はありませんでした
2_20171130140020b9f.jpg

【AFTER】
こちらにもタイルを貼り、収納をプラスしました。
食器乾燥機を上に置き、オーブンが入るスライドトレー付きの造作収納です。
ゴミ箱スペースも確保しました。
4_20171130140519473.jpg



【BEFORE】 対面キッチンの反対側にも収納はありませんでしたが
1_20171130140018923.jpg

【AFTER】 
L型のカウンター収納を造作しました。元々お持ちだったスツールも生きますね。
11_201711301405225eb.jpg

ここには炊飯器や電子レンジなどの家電も置く予定なので、棚の中に
コンセントを用意するとともに、ヒューズが飛ばないように電気も分配しました。
10_20171130140520e79.jpg

S様はこだわりの調理具・食器を多くお持ちですが、既存の配置では
キッチン内には納まりません。
そこでダイニングゾーンまでキッチンの収納を広げることをご提案。
こちらは折戸の収納でしたが、カップボードを入れ込みました。
18.jpg
このような配置の場合は、できるだけ普段使うものを手元に収納して
少し遠い場所には頻度の低いもの・ダイニングで使うものを入れるなど
工夫することがコツですね。



【BEFORE】 リビングはこちらの角に…
11_2017113014002372c.jpg

【AFTER】 
TV&PCデスクを造作しました。
ダイニングでTVを見るため少し高い配置をご所望されました。
17_201711301435112b6.jpg

プリンター用のワゴンや、モデムが見えない配線の工夫も。
15.jpg



【BEFORE】 奥に見えているこのお部屋はご主人様の書斎です
7_20171130140022944.jpg

【AFTER】 3方に本棚を造り圧巻の収納量に!
それでもまだ足りないくらい本をたくさんお持ちでらっしゃいます
21.jpg


お部屋のどの方向から外を眺めてもグリーンが見えるS様邸。
今回のリフォームのテーマは山登りが趣味のお2人らしく「森の別荘」
でした
2_20171130144459527.jpg

玄関にもピーリング(木の壁材)を貼ったり、ウッドブラインドを付けたことで
よりウッディーで統一感のある空間になりました!
3_201711301445001d6.jpg


お引越し後はそれぞれの家具にお気に入りの食器や雑貨を飾り、
壁には絵を掛け、日々の暮らしをとても楽しんでいらっしゃいます。

もし購入したお部屋が築浅だったり、リノベーションをするほどではない
そんな時も、生活スタイルに合った収納や味付けをすることで
自分らしい住まいにすることが出来ます。

               

近隣の皆様には騒音や人の出入りなどでご迷惑をおかけすることも多く、
日々のご協力には本当に感謝しています。

そんな中、リフォームのお声がけ頂けるというのは本当にありがたいこと。
これからも近隣の皆様のために出来るだけ気をつけ、考慮して現場を進めて
いきたいと思います!


Naomi.A




10:30 | 収納 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑