FC2ブログ

間取り変更

先日、メールでリノベーションのご相談をうけました。

なんと、現在インドネシアでダムを建設されているそうです。
帰国後のリノベーションをご計画中とのことでした。

イヤー、インターネットってすごいですね

そのご相談の中でも出た「間取り変更」



間取り変更は、リノベーションにおいて醍醐味ともいえますよね。
以前とは全く違う、自分仕様の間取りにチェンジ!

「でもこのお部屋でどこまでの変更が出来るの?」
皆様が必ず抱く疑問点ですね。

この間取り変更の可否は、相談したリフォーム会社によっても
判断が全然違います。

ビフォー&アフター

これはウチの一例です。
施工事例にも掲載していますが、当時5社いたリフォーム会社の中でこの間取りを
「可能」と判断したのはウチだけです。
決して他社さんの判断が間違っているということではありません。

間取り変更を行う上でのネックはおおよそ
1. 構造上解体できる壁なのか?
2. 解体可能でもそれに伴う騒音や管理組合の許可が出るか?
3. 水廻り移動の場合は排水管の勾配がとれるか?

という事がポイントになってきます。

それらを総合的に判断して「出来る」「出来ない」の判断を下す訳です。


だから、もし「間取り変更出来ませんよ」とリフォーム会社に言われたらまず
その理由を聞いてみましょう。
その答えに納得できなかったら他社にも声を掛けてみましょう。

一番避けたいパターンは、安易に「できますよ~」と言って、いざ工事になって
「やっぱり無理ですね~」と設計変更されるケース。

コレ意外と多いらしいです。


Daichi.M
  
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート      リノスタイル社長日記
22:42 | マンションリノベーション | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑