FC2ブログ

仮住まいのこと

リフォームやリノベーション工事のご相談をいただくときに多い、
仮住まいをするしないについてお話しします。

中古物件を購入してリフォームして入居する場合には、
仮住まいや荷物をどうしたらいいかという心配は要らないですよね。
でも、いまお住まいのマンションをリフォームしたいとき、
皆さんが工事金額と同じくらい気がかりとなるのが、仮住まいや家財道具のことです。


戸建て住宅ならば比較的工事中の逃げ場があります。
1階に手を入れるなら2階に避難できますからね。
トイレなども1,2階それぞれにあることも多いのでなんとかなります。

しかしマンションはフラットなワンフロアの住まい。
住みながらの工事はとても大変になります。
当社では、専有部分の配管(自分の居住部分の床下にある給水給湯配管、排水配管など)
の更新にからむリフォームを請け負うことが多いのですが
工事内容やお客様のご要望、ご予算などによって、住みながらか仮住まいをするかに分かれます。


大幅な間取り変更などがなく、ユニットバスやシステムキッチンの交換と
配管の更新、それらにからむ内装工事といった内容の場合は、住みながら工事をすることも
ありますが、それでも、床をめくって配管をやりかえるときなど、どうしてもお客様に数日間、
ホテルやご両親様のおうちに避難していただくことが多いです。
荷物や家具は、ひと部屋にまとめて入れておき、他の部屋が仕上がってから移動して
残ったその部屋の内装工事を二次的に施す、というふうにやったりします。

一方、間取りも水まわりも大幅に変更する、いわゆるリノベーション工事になると
住みながら、という選択は、ほぼできなくなります。
家財もコンテナに預け、少しの家具と身のまわりのものと共に仮住まいのアパートに移っていただくことになります。
(同じマンション内に短期貸しオーケーの空き部屋があるとラッキーですね。)
考えただけで大変そう~・・・とため息が聞こえてきそうですが、
住まいをカラッポにすることで
工期短縮を計れる
工事中の騒音やホコリから逃れられる
職人の出入りや作業を気にしなくてすむ
など、ストレス回避をはじめとしたメリットがあります。

住みながら、荷物を移動しながらですと、どうしても工期が長くかかってしまいます。
精神的・肉体的負担も想像以上だと思います。
特に、日中在宅時間の長い奥様がいちばん疲れてしまうのです。
「この工事内容なら住みながらで大丈夫だろう」とご主人様が判断して
我々も心配しつつ気を遣いつつ工事が始まり、日増しにぐったりしていかれる奥様を見るのは
正直つらいものがあります。


考え方はいろいろですし、ケースバイケースではありますが、
仮住まいや引越し費用、不用品処理費用なども工事費の一部として
プロジェクト全体の予算立てをしていくのがリノベーション成功のコツかと思います。



Yuka.I

リノベーション内覧会のお知らせ
最近本当に中古マンションを購入してリノベーションされるお客様が増えました。
しかし、ほとんどの方が「リノベーション」を見たことがありません。
一生に何回もない高価な買い物・・・
できる事なら実物を見てみたいですよね?
そんな数少ないチャンスです!

お施主様のご厚意により5月29日(金)、30日(土)
このblogでもご紹介したお部屋で内覧会を開催致します。
是非【RenoStyle】の品質の高さを肌で感じてください。


詳しくはホームページで!

  
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート      リノスタイル社長日記



13:53 | マンションリノベーション | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑