システム家具in青山

マンションではいかにすっきりと収納を設けるかが
空間構成の要と言えます。

弊社でシステム収納家具としておすすめしているのがCUUMA
先日、青山にあるショールームがリニューアルオープンしたので
訪問してまいりました。
CUUMA (1)
表参道駅B1出口を出て青山学院手前を入ったところにあるビルの2階です。
天井が高くて海外のアパルトマンみたいな雰囲気。
これまでも幾度となくお客様をお連れしました。
CUUMA (2)
CUUMAの阿多野さん。
京都出身のやわらかいイントネーションのトークと、このファッション。
イタリア製家具も扱う同社の雰囲気にバッチリ合致です
CUUMA1 (4)
このショールームの感じからすると、こちらのシステム家具、けっこうお高いんでしょう?
そうお感じになる方も多いのでは。
(場所も青山だし)
それが、けしてそうでもないのです
CUUMAでメインに扱っているのはドイツ生まれの家具製作工法System32を導入したV3。
幅・奥行き・高さの寸法をモジュール化し、すべてのパーツを規格化しているので
一から作るオーダー家具に比べて大幅なコストダウンが実現しているのです。
扉の面材も住まいにマッチさせやすいカラーがそろっています。
弊社のV3施工事例をご紹介します
システム家具事例3
開いてから箱の中に格納される扉をつければ、お仏壇を収納するのに最適です(右端)
システム家具事例4
壁紙と同じホワイトにすれば、窓下や壁面いっぱいに造りつけても存在感がないのに収納量大幅アップ!
システム家具事例5
キッチンとダイニングをまたぐ形で設置した吊り戸棚は、お手入れしやすい鏡面仕上げの扉。
半分はキッチンのもの、半分はダイニングで使うものを入れられます。
ご入居後、青い椅子の場所にはPCデスクが置かれる予定でしたので棚下に照明を仕込んであります。
システム家具事例6
洗濯機の上に吊り戸棚がほしいお客様は多いです。
TOTOの洗面化粧台のカラーに合わせたダーク色を選べば、空間にまとまりが生まれますね。

こんなふうに、大きなものから小さなものまで、
つけたい場所に気軽にシステム収納を計画できるのがCUUMA、V3のいいところ。
壁面に収納がほしいな~とお考えの方にはぜひ、
ショールームで実際に触れてみて実感されることをおすすめします。
たまにはいかがですか?
ぶらり、青山散歩


Yuka.I
11:00 | マンションリノベーション | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑