本棚のある部屋

皆さま本を読むのはお好きですか?


私はどちらかというと好きな方でして、同じく本好きなイケタニと交代で
マスターアートの隔月情報誌、リノスタイル通信におすすめ本のコーナーなぞ
つくって書いています。


そんなわけで、居室に本棚があるこんな雰囲気に憧れます。
イケア 本棚  画像はお借りしています

02_20150618115543eb7.jpg


部屋の形や広さの関係でここまでは叶いませんが、せめてと子供室のドアの
正面にある窪みに、天井までの本棚を置いたのでした。
ドアを開けていればリビングから「一面の本」が見えるので自己満足。
だったのですが…


いよいよその部屋が子供の寝室になった場合、
ドアの正面にある=地震で本が散乱したらドアが開けられなくなる。
という、気づいてはいたのですが実際にまだ困っていなかったことが
現実的になってきました


ちなみに、本棚そのものは天井近くまでなので後ろの壁に固定していますが
問題は本。
そこで探した結果、先日このようなものを採用しました。

落下抑制テープ

3M社から出ている落下抑制テープというものです。
図書館でも多く使われているそうで、本棚の一番手前の部分に半透明の
薄いシールを貼るだけ。
手で触ってもすべすべとして、これで抑制されるのかしら?と思うくらいの
存在感のなさです。


そしてスチールの書架専用とのこと。
わが家は木製ですので、本来の効果が出るかメーカーの保障はないと
思いますが、不可の要因のひとつは木製では一度貼ったらはがすときに
表面がはがれる…こともありそうです。


暗がりの中、子供だけでドアが開かない!!パニック!!
となるのを回避してくれれば(そんな場面はないことを望みますが)
と思います。


さて、さらに調べるとこんなものもありました。
ミュージアムジェル

ジェル

ミュージアムジェル。


これは割れると困る陶器などの下に塗って固定するというもの。
高級食器や陶器、クリスタル、ガラスetc.…
素敵に飾られているお宅も多いですね。
仕舞いこみたくないけど割れるのが心配なものに、いかがでしょうか?


全てを扉の中に仕舞いこんでしまうのは少し味気ないもの。
防災の意識をもちつつ、好きなものに囲まれる生活が出来たら嬉しいですね。


Naomi.A
11:10 | 収納 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑