すきなもの、しか、ありません

梅雨本番・・・
鬱陶しいですが、水瓶の上だけは降ってくれないと水不足になるし・・・
それに被災地での大雨も心配です。
この季節のなぐさめは、なんといっても紫陽花ですね。
すこしずつ色あせてはきましたが、もうしばらく咲いていてくれそうです。


ちょうど昨年のこの時季にお打合せを重ね、7月下旬に着工、9月に完工を迎えたAさま邸の仕上がりの写真撮影を、先日行いました。


ご自宅は関西にあり、仕事の関係で平日は東京、週末は関西というライフスタイルのAさま。
ホテル暮らしももったいないし、いずれ賃貸に出すことも視野に数年前から中古物件を探されていました。
そして都心の便利な場所に入手されたお部屋は、すぐにでも住めるリフォーム済物件。

はじめてお目にかかったときは、空間の狭さと気に入らない仕様のことを嘆いていらっしゃいました。
間仕切り壁を取ってワンルームにし、明るめだった内装は落ち着いたトーンに、
「文化住宅みたい」だったキッチンは、Aさまの感性にヒットしたトーヨーキッチンに交換。
さらにキッチンを見にショールームへ行かれた時、偶然目にしてすっかり気に入られたベネツィアンガラスのモザイクタイルを、玄関ドアを開けてすぐの壁に貼りました。


空間が仕上がってからは、家具・カーテンのコーディネートのお手伝いをさせていただきました。
また、住まいにグリーン(植栽)がなくてはならないAさま、自ら地元関西のショップにオーダーされ、バルコニーにふんだんにグリーンを。
この物件に決めたのは、抜け感のあるバルコニーにグリーンが置けるとイメージできたからだとか。
自動散水装置のおかげで一年前と変わらずいきいきしていました。


昨年より東京の拠点としてこのお部屋をお使いになりながら、
お好きなアートを取り入れられては、少しずつじっくりと、Aさまが本当に寛げる空間へと磨き上げていらっしゃいました。


花や鳥、フランスの縁起物と言われる「ソレイユ」(太陽)など、自然と集まるものがAさまに元気を与えてくれるものなのですね。
長年、ラグジュアリーブランドの第一線で活躍されてきたAさまのセカンドハウスは、
とてもフォトジェニック!です。
それではどうぞ!
秋山邸 1
秋山邸 2
秋山邸 3
秋山邸 4
秋山邸 5
秋山邸 6
秋山邸 7


私も(自宅以外に)すきなもの(だけ)に囲まれた部屋が欲しいでーす!!



Yuka.I



10:55 | マンションリノベーション | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑