ヒバリ舎さんの著書第二弾!「めんどくさい」がなくなる部屋づくり

東京の桜は開花したものの、まだ春はもったいぶって足踏みしているようですね。
卒業式シーズンもそろそろ終わりでしょうか・・・
小学生たちもやっと春休みに入った模様。
わたくし、宿題のない春休みが、子供のころ大好きでした!!

家族のライフスタイルに変化がある春という季節は
おうちの中もリフレッシュする好機です。
弊社の収納セミナーでお世話になっている整理収納アドバイザーのヒバリ舎さんが
『がんばらない。なのにすっきり。』を実現させるヒント満載の本を出されました!
BT000043156800100101_tll.jpg
今回の著書には、ヒバリ舎代表内山ミエさんのご自宅のお写真や、
イラストレーターでもあるご本人によるイラストで、DIYの指南などが豊富に載っております。
テーブルのつくりかた、シェルフのつくりかた、ペンキ塗りなどが非常にわかりやすく!
ヒバリ舎さんに教わると、これならやれそうだな!と軽い気持ちになるから
アラ不思議・・・
それは片づけ方やしまい方も同じです。
「これならやれる!これならできちゃう!」という方法ばかり。
まさに”自然に片づく暮らしかた”が見えてくる本です。
ヒバリ舎さんの整理収納哲学は、無理せず自然体で気持ちよくだからこそ、
すぐに手をつけられて、維持もしやすいのだと思います。

片づけは大いに「メンタル」に左右されること。
そうした面にも、経験にもとづいたアドバイスがしっかりと、きめ細かく載っていて、
悩める人をガシっと支えてくれます。


さてさて、、、
私の娘達がリビングを散らかす小学生のころ、高校生になるころくらいまでには
インテリアも整えて、いつ誰に訪問されても恥ずかしくないリビングにしたいものだと、するのだ!と思っていましたが
すでに娘らは大学生・・・アレ~~???
この本を読んで、遅くはない・・・お嫁にいくまでには「実家はステキだった」という思い出に塗りかえよう!と、もう一度前向きな気持ちにしてもらえました。
ワタシもこの春、がんばらずにスモールステップからやってみようと思います



Yuka.I
15:25 | 収納 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑