FC2ブログ

現地調査テクニック

どうも、ご無沙汰してます~
久しぶりの更新になってしまい申し訳ありませんm(_ _)m
ブログ辞めてしまった訳ではないのでこれからも応援よろしくお願いします。


最近、あちこちに行く機会の多い「現地調査」

今回の物件はエアカエサル渋谷。
渋谷の一等地の中古マンションです。

エルアルカサル渋谷1
右下の赤いポーチがボクのお気に入りバック
中には現地調査用道具が一杯。

「現地調査」とは、基本的には「寸法取り」
いろいろな部分の寸法を測っていきます。

マンションの場合、昔の図面が保管されている事が多いのですが
だいたいが「平面図」で、高さ寸法に関する資料が少ないので
それを調べる場合が多いです。

エルアルカサル渋谷2
それを調べる有効な手段が、ユニットバスの点検口。

エルアルカサル渋谷3
天井裏を覗くとこんな感じ
上階の排水管も見えます。

エルアルカサル渋谷4
梁に空いている通気口や配線用の穴も見えます。

お部屋の寸法も全部測って、天井裏の様子も分かって、完璧

・・・ではありません。

ここまでは、どこのリフォーム会社がやっても同じ


ここからが、と~っても難関なところ・・「推測」

現地調査では、目に見える部分を測っただけに過ぎないのです。

その結果を元に、昔の図面と照らし合わせて見えない部分を「推測」していきます。

床下の有効スペースはどれくらいあるのか?壁の構造は何なのか?などなど・・


コレによって、昔の図面自体の間違いを発見することもしばしば

「図面ではこの壁、構造躯体になってるけど実際は空洞の壁だね」とか

その逆もまた然り。


「推測」の精度で【間取り】の可否が決まると言っても過言ではありません。

間違えてしまうと後で困ります。

だから「分からない部分」は最悪の状況を想定、
つまり「動かせない」という判定になります。



「推測」は「経験」と「知識」がスベテ。

リフォーム会社によって「出来る」「出来ない」の判断が分かれるのは、
こんな側面もあるんですね。

Daichi.M

  
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート      リノスタイル社長日記
11:10 | マンションリノベーション | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
隠れ家的空間 | top | 住まいの解剖図鑑

comments

#
そうですねぇ。。。うちの内装担当も「解体してみないとなんとも、、、」ってよく言ってます。解体して見て 変更を強いられることもシバシバ、、、先日は、躯体壁かと思いきや、計量ブロックにモルタルをべったり塗った壁だった。。。なんて事も、今更 プランを変更すると、理事会の承認を取り直したり、工事を止めなきゃならないと、そのまま続行を余儀なくなれましたe-351
by: ラッキー | 2010/05/10 12:12 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ラッキーさん!!
先日はお電話ありがとうございました!i-74
やはり、業界人には通ずる部分がありますよね~
仰るとおり、本音は「解体するまで分からない」ですが、それではお客様に対してプランの提示が出来ないし・・
私たちもエスパーではないから見えない部分も多いです。
ボクは、ある意味お医者さんと一緒だなと思っています。
聴診器当てたり、血液検査したりで見えない中身を調べていく。
その診断が正しければ「名医」、間違いが多ければ「ヤブ医者」となってしまうんでしょうね・・・i-229

by: Daichi.M | 2010/05/11 09:33 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://renostaff.blog19.fc2.com/tb.php/169-b32e2b50