FC2ブログ

住まいのカタチ

空を見上げると、迫ってくるような立派な夏雲
夏雲
昼間はセミが懸命に鳴いて、夜になるとコオロギに入れ替わります
夏と秋のちょうど真ん中という時期ですが、残暑がまだまだキビシーですね
食べ物が美味しい季節”THE秋”が待ち遠しいムラカミです

先日、事例写真の撮影に行ってきました。
ご協力賜りましたOさま、お忙しいなか本当にありがとうございました
ホームページへの掲載はまだ先になりますが、少しだけ紹介させて戴きます

【中野区 RC造 テラスハウスリノベーション】

中野区O様邸 リノベーション1
広々と天井も高くなったリビングダイニング
なんと木馬は、おじいちゃん手造りのお孫さんへのプレゼントだそうです!
ビーチ材のフローリングは、耐久性を重視して凹みに強い素材を選定しました。
ちゃんと暴れ木馬で走り回ることも計算済み(ウソです)

中野区O様邸 リノベーション2
ご主人さま念願の大型書斎
以前のお住まいでは一室に納まりきらず、リビングまで占領していた書物を
壁面を有効利用してご主人様がレイアウトしました
本はとても重いので、構造上いちばん強度のある場所に配置してありますし
固定もバッチリなので地震が起きても倒れてくることはありません。

中野区O様邸 リノベーション3
ハンサム猫の”ネコラ君”
内覧会でも「素敵」と好評だった上吊り型の格子戸。
玄関土間と廊下を仕切る扉なのですが、何の目的だと思いますか?
じつは、ネコラ君が不意に玄関を出て道路へ飛び出すのを防ぐためなのです
上手く空間のアクセントにもなっていますね。

中野区O様邸 リノベーション4
広々としたタイル貼りの玄関。
格子戸が上吊り型だと、床に邪魔なレールが無いのがメリットです
鏡の裏は下駄箱になっています
奥の棚には、子供の外遊び道具やストック品を置けるようになっています。
こういう玄関だと、ベビーカーや自転車も楽々入れられて便利です

『理想の住まい』のカタチは本当に千差万別です。
一期一会のお客さまと正面から向き合って理想を探求し、やっと辿り着いた答え。
それが事例写真のワンカットになります

Daichi.M
15:51 | リノスタイル | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
壁の表情Ⅱ~おもちゃ美術館~ | top | 珍景&絶景賃貸レポ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://renostaff.blog19.fc2.com/tb.php/328-bd26ee01