ショールームへ

立春です。
とはいえ、まだ2月。
朝、自転車で出勤するときは冷気をまともに顔で受け、
会社に着くころにはカチンコチンの顔面に
朝夕の冷え込みはホントにきびしいですよね。

先日、お打合せ中のお客様と
LIXILとTOTOの新宿ショールームへ行ってまいりました。

土日は非常に混雑するショールームですが、
平日でしたので、そこそこゆったりと見学できました。

お目当ては、システムキッチン、バスルーム。余裕があったら洗面化粧台とトイレも。
あらかじめ予約を入れてあるので、アドバイザーさんがついて商品の説明をしてくれます。
ご一緒したお客様はお父様とお嬢様のおふたりです。
お父様はキッチンはお嬢様におまかせなので、キッチンを見ているあいだはお椅子に掛けてひとやすみ。
設備機器を真剣に見るということは、けっこう疲れることなんですよね・・・
展示してある製品を見ながらあちらへこちらへと移動し、
頭の中ではご自宅のスペースを思い浮かべながらシミュレーション。
ランチをはさんで2ヵ所廻りましたが、午後にはお嬢様もぐったり。

「すこし休みましょうね」
と打合せテーブルにつくと、アドバイザーさんがお茶を運んでくださいます。
お嬢様は以前にもご自身でふらりとショールームをお訪ねになったことがあるとのことでした。
検討のたたき台となるプランと見積をお願いするには、アドバイザーさんの説明を聞き、
疑問に思ったことは質問もしなければなりません・・

キッチンではカウンターの高さを検討する為に靴を脱いだり、
バスルームではバスタブに実際に体を入れてみたり。
朝10時から夕方5時まで、真剣に見学をされたおふたりの背中をお見送りし、
ビルの外に出ると、とっぷりと日が暮れて
新宿駅につながるサザンテラスはイルミネーションがきらきら
IMG_2271.jpg

IMG_2270.jpg

いやはや、A様、ほんとうにお疲れさまでした
ご自宅のリフォームのご検討は”たのくるしい”ものですよね。
できるだけたのしんでお考えいただけるよう伴走いたしますね!


Yuka.I







15:59 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
収納を考慮したリノベーション 完成しました① | top | 福は『家』

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://renostaff.blog19.fc2.com/tb.php/438-1b72e17f